« 東京着 | トップページ | よみがえる10代の日々 »

2008年2月11日 (月)

忌野清志郎 完全復活祭@日本武道館

約25年ぶりのナマ清志郎。
日本武道館、完全復活祭行ってきました。

九段下の駅からゆるい坂を上る、いつもの順路。
そして、門をくぐると・・・・・・


グッズ販売の列ww


はい。並びましたよ、普通に。これはもうハローに鍛えられた習性ですね。
清志郎のライブでグッズ列に並ぶとは思わなんだ^^
30分ほど並んでTシャツ4枚とパンフレットをGET。

Image008

〆て14500円。
このTシャツのセンスの良さ、ハロプロにも見習って欲しいあせあせ


会場に入るとスタッフが何やら配ってる。
「快気祝いで~す」と手渡されたのは、手ぬぐい。

Image009


粋だねぇ~ぴかぴか(新しい) たまんないね、こういうの。
勿体無くて、まだ広げてません^^


客席は超満杯。本当に超。
だって指定席は発売当日に完売して、新たに立見席追加されたんだもん。
スタンド最上通路もギッシリ!
しかもスタンド席ぐるりと360度使用。当然バックステージも満杯。

てことで、当然のように開演時間が・・・・・
開演6時のはずが本番直前のサウンドチェック始まったのが6時5分。
そして6時12~3分頃に

「お待たせしました。まもなく・・・・」の放送。
凄まじい拍手。そして手拍子へ。
1万人の手拍子。力一杯の手拍子。清志郎が好きで好きでたまらないヤツらの手拍子。
それが5分近く続く。弱まらない。止まない。

そして暗転。

スクリーンを使ったスライドショーが始まった。
闘病生活をスタートしてから現在に至る変化を、清志郎のアップ写真で構成。
ツルツルに剃った頭が坊主頭に。やがて少しずつ伸びた髪は最終的に逆立ち、
あの「清志郎ヘア」へ。
面白い。この日の為に撮り続けたのかと思わせる写真たち。
多分その通りだろう。この日を信じて、日々の自分をフレームに収めたのだろう。


そしていよいよライブスタートexclamation


ドラムはツイン。
江川ゲンタと・・・・・・・・・・・・・・・・新井田耕造exclamation
コーちゃん凄げぇ~! 普通に歳とってるww

清志郎、マント着て出てきた^^ 
もろJBや。JBのマントショーそのままやw
すげぇカッコいい! 震えがきた。
存在自体がカッコいい。立ってるだけで様になる。何やっても様になる。
心底、あんなオヤジになりたいと思う。ムリだろけどw


ソロとかタイマーズの頃の曲を5~6曲やったところで、清志郎がギターを持つ。
三宅伸治と二人でバラード弾きだす。

そして・・・・・・・・・・・・・CHABO登場!!

曲は「いいことばかりはありゃしねぇ」
ヤラレた。完璧だ。この曲のサビはCHABOの声が被ってナンボだ。
CHABO若けぇ~。変わってねぇ~!

曲途中から他のメンバーも加わってきて、
CHABO参加2曲目は「君が僕を知ってる」
もう鳥肌だ。全身の穴と言う穴から何かが出てきたww

そこからは最後までCHABO参加。
で、途中で清志郎が
「CHABOも1曲歌ってくれるぜぇぇぇぇ~~~ぃ!!」

その曲がなんと!


「チャンスは今夜」exclamation


いかん。イントロで叫んでしまったww
ま、似たようなのが周りに何人も居たが。

ダッグウォークも見せてくれたぜぃ!
今年58歳だぜぃ!!
渋すぎ。カッコよすぎ。抱かれたい(爆


色んな時代の清志郎の曲やってくれたけど、やっぱおいらはRC時代が好きだな。
清志郎本人も好きだけど、あのバンドが好きなんだよね。

もうね、マジでタマランのですよ。
「スローバラード」とか
「ドカドカうるさいロックンロールバンド」とか
「キモチE」とか
「多摩蘭坂」までやってくれたんですよ!!

この辺の曲をね、
清志郎が歌って、CHABOがギター弾いて、コーちゃんがドラム叩いて、
そこに梅津和時と片山広明のサックスが被ってくるってのがタマランのですよ。
高校時代に愛知県体育館や名古屋市公会堂で見たRCのライブシーンが
ふつふつと甦ってくるんですよ。


とか言いながら、
不覚にも涙を流してしまったのが「激しい雨」(ソロアルバム「夢助」から)
これ、2006年のアルバムなんですけどね、サビが

「♪RCサクセションがぁ~ 聴こえるぅ~
RCサクセションがぁ~ 流れてぇるぅ~」

て歌詞なんですわ。
ここでガーっと涙が出てきて止まらんのです。
ステージが見えないほど泣いてしまったとです。

興奮も、心地よさも、何だか全ての快感を味わった気がする。
これがロックだなぁ~、R&Bだなぁ~、ライブだなぁ~と実感。

そんなこんなで大満足のうちに本編終了。
鳴り止まないアンコール。
再び全員登場。

アンコール1曲目は・・・・


「よォーこそ」exclamation


凄げぇ。凄すぎるセットリストだ。なんでここでこの曲なんだw
RCライブの定番オープニングナンバーをここに持ってくるセンスに脱帽。
そりゃ盛り上がるってば。崩壊寸前だってばさ。
イントロのベース始まった瞬間、背中に電流が走ったさ。

そして、アンコール3曲目が・・・・



「雨上がりの夜空に」exclamation ×2


鉄板といえば鉄板だ。がこれでいい。やっぱこれがなきゃいかん。
イントロのCHABOのギターでまた叫んでしまったw
ま、会場全体がそんな感じだったが。


そして本当の最後に清志郎がアコギ1本で1曲歌って終了。
その後、お子様二人が花束持って登場。粋な演出。
照れてたな、清志郎^^ ここではお父さんの顔だった。


スタンド2階だったけど、ステージの真横だったけど、そんなの関係なかった。
あの場所に居られた事に感謝。
あのステージを観られたことに感謝。


DVD化されるだろう。してくれ。頼む。
追加公演もあるようなので、京阪神地方の方は要チェック。
http://www.kiyoshiro.co.jp/news/index.html
って、チケ無いだろうけど・・・・・


完全復活とはいえ、やはり体は大事にして欲しい。
今日のライブ、アンコール終了まで約3時間。
こんなライブしょっちゅうやってたら又倒れる^^;
無理せず、歌い続けて欲しいと思とります。


さ、パンフレットじっくり読んでから寝ましょうかね眠い(睡眠)

※詳しいセットリスト判明しました。涙で記憶が曖昧だった^^;
 補足させていただきます。

JUMP
涙のプリンセス
誇り高く生きよう
ダンスミュージック☆あいつ
NIGHT AND DAY
デイドリームビリーバー
いい事ばかりはありゃしない
君が僕を知ってる
チャンスは今夜
僕の好きな先生
私立探偵
多摩蘭坂
毎日がブランニューデイ
コーヒーサイフォン
GOD
スローバラード
激しい雨
ドカドカうるさいロックンロールバンド
キモチE
BABY何もかも

~アンコール~
よぉーこそ
ROCK ME BABY
雨上がりの夜空に
~アンコール2~
LIKE A DREAM

|

« 東京着 | トップページ | よみがえる10代の日々 »

コメント

いやぁー、うらやましいです。コラム読んでて、血がフツフツと沸いてきた感じです。私も既に40を超えたオッサンですが、中学、高校の頃RCを聞きながらバカ騒ぎしてた時代を思い出しました。ちょっと気になったのですが、G2、リンコワッショー、イトーギンジも出てくれれば・・・と思うのは、欲張りスギかなぁ? 昔、LPから録音したテープを探して聞いてみます。

投稿: キタガー | 2008年2月11日 (月) 19時43分

よかったよねぇ〜。最初のスライドショーで泣けちゃったよ。
あ〜本当にガンだったんだなぁって。

よかったよねぇ〜。カッコ良かったよねぇ〜。

途中で帰る時に、はいれなかった人たちが、
外で、缶コーヒー握りしめながら幸せそうな顔して、
ホールから漏れてくる音を聴いてたよ。

あーいうオヤジになりたいよね。幸せだったよ。
赤ちゃんも、モコモコしてたから、
しっかり聴こえたと思うhappy01

投稿: nico | 2008年2月11日 (月) 22時34分

>キタガーさん

コメントありがとうございます♪

おいらもライブ中にふと、
「リンコとG2も出てこねぇかなぁ~」って思いました。
でも、それだと本当に「再結成」ですよね。

観たい気もします。凄くします。
が、どこかで観たくない気持ちもあるんです、不思議と。
昨日みたいな形のゲスト参加だと、少なくとも『商業的な匂い』はしないなと。
ここ数年の「再結成ブーム」にヘキヘキしちゃってるだけかも知れませんけど^^;

本当に幸せな時間でした。
おいらもCDではなくLPで聴き直したくなりました♪

>nico

おらもスライドで泣きそうだった(正確には泣いてたw)
でも、ここで涙まで流したらステージ観れんっ!て頑張ったさ^^

スローバラードで帰っちゃったのは残念;;
でも仕方ないよね。保護者の言い分も分かる。
ま、おいら的には最高の胎教だと思うんだがsmile

何かね・・・・本当に最高の時間だった。
そう感じさせてくれた清志郎、バンドメンバー、スタッフ、
武道館に集まった全ての客、来れなかった全てのファン、
そして、幸せだと思えた自分も・・・・

愛してるぜぃgood

投稿: SO-RY | 2008年2月12日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26723/40080925

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎 完全復活祭@日本武道館:

« 東京着 | トップページ | よみがえる10代の日々 »