« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/30

モーヲタとジャニヲタって・・・

先日、とあるバーに飲みに行った時の事。
バーと言っても気取った店ではない。20年近く通ってる店でスタッフとも気心知れた仲。おいらがモーヲタだという事も知ってくれていてハロコン直後だった事もあり、カウンター越しに娘。関係の話で盛り上がっていたのだった。
「なっちは復帰するの?」「飯田って抜けちゃうんだよね」なんて話しから、おいらはハロコンのHAPPY BOXの話まで持ち出し、まぁ面白おかしくやっていたわけだ。

店内にスタッフが2人、客が4人。
この状況だとスタッフ的には、ある客との会話に他の客も絡めてワイワイと、って流れに持って行きたい訳だ。バーといってもパブに近い雰囲気の店だし、そのほうが接客効率も上がる。
そこで「あぁ、SO-RYさんの隣の席の女の子、モームスくらいの歳だよ。17才の女子高生だもん」てな感じで、おいらの隣に座っていた女の子にスタッフが何気に話を振ったのだ。(17歳の女子高生がバーに来ている事についての論議は一先ず置いておこう。都会ではよくある事だ)
すると彼女

「私、モームス駄目・・・・」

まぁこの手の反応には慣れている(苦笑)
特に17歳くらいだと周りの大人に対する配慮とかも考えず自己主張をハッキリするものだ。むしろその方が気持ちが良いってもんである。
が、その後のコメントが気になった。

「私、ジャニーズ好きだからモームス駄目」・・・・・・・

・・・・・・はぁ?
彼女、娘。は駄目と言いながらも別においらを厳しい目で睨み付ける訳でも無くそれなりに会話も成立していたので、ここでその部分について深く問いただし場の雰囲気を悪くするのもなぁと思い、
その後はジャニの話に自然に移行しつつポイントで娘。の話題を挿入するという大人の対応をしてやったのだった(笑)

そんな彼女との会話から読み取った感じでは、モームスがキライな理由というのが「私はジャニーズが好きだから」しか無いのだ。

「ジャニーズが好き」=「モームス嫌い」
・・・・・・・・・・・・・・

理解出来ないんですけど。どういう事ですか?
つまり何だ、昔のトシちゃんと聖子ちゃんみたいなもんなのか?ザ・ベストテンで2人が並んでテレビに映ったってだけでTBSにカミソリの刃が送られたっていう、あのノリか?
あのころも男子は冷静だったよなぁ。聖子ちゃんだ明菜ちゃんだと騒いでいても、クラスの男子の半数はマッチのモノマネが出来たものだ。3人くらいはトシちゃんのモノマネも出来たものだ。

確かに娘。の誰それとジャニの誰それが付き合ってるみたいな話は彼女たちの間ではあるんだろうな、大人は興味ないけど。その辺に対する過敏な反応なのか?
それともハロプロが「女ジャニーズ」と呼ばれる事に対する嫌悪感か?

おいらはkinkiやSMAPの曲の中にも好きな曲はあるぞ。タッキー&翼もカッコいい事は解るしマッチやトシちゃんならカラオケでも歌えるぞ。関ジャニ8も頑張ってるじゃないか。KAT-TUNだって聴いてみたいと思ってるぞ。

誰の曲だろうと良いものは良いじゃないか。
特定の歌手や楽曲について「ここがキライ」と言うなら解る。それは個人の嗜好の問題だ。でも、「ジャニ好きだから娘。キライ」は論理として成り立たんと思うのだが、どうなんだろか?
彼女たちには「全否定」と「全肯定」しか無いのか?
それともあれか、バルセロナのサポはレアル・マドリードが大嫌いって、あのノリか?んでもバルサ・サポもラウルは良いヤツだって言ってるぞ。
認める部分は認めて良いんじゃないかな?
ジャニーズが好きならなおさら、歌って踊るって事がどんなに大変な事かは解るだろうに。

昔、スマスマに娘。がゲストで出た時、一緒に歌い踊った木村君が
「すんげぇ楽しい!みんなが好きだって言うのが解った」って言ってたじゃないか。
これこそがエンタメに接する時に必要な素直な気持ちじゃないのかな?

「モームス好き」=「ジャニーズ嫌い」
と言う話はあまり聞いたことが無いんだけど、どうなんだろ?
おいらが知らないだけなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/29

裏事情・・・?

最近メディアでつんく♂の顔をよく見るよなぁ~って思いません?
まぁラッキー7オーディションを追いかけてた時点で毎週1回余分(?)に見てたのは確かだけど、それだけじゃなくてさ、例えばアレグリアとか楽天のサポート企画にしたって、今までならつんく♂がわざわざ顔出して「僕がリーダーとして」みたいなことって言わなかったじゃないですか。
と思ったら先日はミュージックフェアでごっちんとデュエットしてたし。

おいらは素直に「あぁつんく♂もUFAも本腰入れて来てるんだなぁ~、頑張ってくれよ!」って思いで見てたわけです。前にも書いたけどハロプロ勢そのものの露出も上がって来てる気がしてたし。
と、そんな矢先ある話を聞いたのですよ。

先日ある芸能関係者と話をしていたら期せずして
「おまえが推してるUFA(いや別においらは事務所を推してる訳じゃないんだけど・・)最近大変みたいだな」みたいな話を始めたのですよ。
彼がある事務所(ここでは仮に「A社」としておこう。別に「a」でもいいのだが・・・)関係者から聞いた話だと、
なっちの盗作問題が予想以上の打撃となっていて、UFAやハロプロのイメージアップの為につんく♂が駆り出されてるらしい・・・との事。

はじめは納得して聞いてたんですよ。ありそうな話だし。
「最近つんく♂よくテレビ出てるよねぇ」みたいなフリをおいらがした訳でもないのに出てきた話だったし。
でも聞いていくうちに「ん?」って部分がありまして。
彼が聞いた話だと「楽天のサポート企画も最初は断ってたんだけど、そういう事情で仕方なく請けた」って事らしいんですわ。

変だと思いません?違和感ありません?

なっち盗作疑惑発覚が確か11月30日か12月1日。楽天サポ企画が発表されたのが12月17日前後、曲披露が20日。
って事はですよ、楽天の仕事請けて2週間ちょっとで
作詞、作曲、アレンジ発注、オケレコーディング、歌入れ、ミックスダウン、振り付け、衣装制作、ついでにPV撮影までやったって事になりますよね?
PVのメイキングで1月19日生まれの梨華ちゃんが「誕生日まであと1ヶ月くらい」って話してましたから。

可能ですか?確かに曲自体の仕上がりにもPVの出来にも時間的余裕の無さは感じられます。ミュージシャンを手配する時間が無かったのでアレンジャー自らが打ち込んだプログラムと音源使ってるって考えも出来ます。
それにしても3週間足らずで・・・・可能ですかね?
最近のレコーディングは早いって話はよく聞きます。特に現場にプロトゥールスが導入されてから飛躍的にレコーディング時間は短縮された、と。それにしたってそのプロトゥールスで歌をいじる時間は必要な訳で。

まぁメジャーの世界ではこれくらいの事は当たり前なのかもしれません。商品としての「ザ・マンパワー!!」を作ること自体は2週間あれば出来るのかもしれません。

が、イメージソングとして使用するのは楽天側ですから、UFAなりゼティマ側から楽天に対してプレゼン的なものも行われてるはずなんです。出来上がったものがNGなら作り直しも必要だし。
それにこの手の企画モノの場合、各方面への調整ってのも必要でしょう。特に楽天のオーナーは元avexの取締役ですから芸能関係に対して顔も広い分だけ「なぜハロプロなのか」に関する他事務所に対する配慮や調整も必要でしょう。
それも込みで・・・・・・2週間強で出来るんでしょうかね?

おいらは無理だと思います。
この「なっち問題→ハロプロ大変→楽天サポ」って話し自体にも無理がある、と。
「断り続けてたんだけど・・・」って部分も含めてね。
だって断る理由が見当らないし。

仮にですよ、
「大変な事になったから楽天の仕事を請けた」という部分が本当だとしましょう。
で、おいらの想像ですが企画から曲発表まで1ヶ月ほど掛かるとしましょう。
とするとUFAは、なっち問題について表ざたになる前に知っていた、って事になります。

て考えると別の話を思い出します。
盗作問題の時、偶然見かけた「裏事情系サイト」で読んだ話しですが
「独立を企んでいたなっちの動きをUFAが察知し、そのなっちを一度凹ます為にUFA自らが盗作問題を仕掛けた」って話しです。
これが本当なら問題発覚前から発覚後の対策として各オファーを積極的に請けていたって感じで辻褄も合ってきます。

が・・・・この話もおかしくないですか?
一時はライバル扱いされ実際に売り上げ競争までさせられた鈴木亜美の凋落ぶりをなっちが知らない訳が無いですよね。旬のアイドルが事務所を独立出来るものなのかどうか、それくらいは彼女にも分かりますよ。
娘。卒業後もドラマの仕事を与えてくれてソロシングルも出してくれて、新たにユニットまで作ってくれた事務所に対して、恩を仇で返し、なおかつ将来の保証が無い選択をわざわざ彼女がするとは思えないのですよ。

100歩譲って仮に、仮にですよ、なっちに独立願望があって、それをUFAが察知したとしましょう。そしてなっちを黙らせる手段を事務所として模索したとしましょう。
その結果が管理問題まで問われる「盗作疑惑」ですか?
そして「紅白辞退」ですか?
UFAにとってオイシイ部分が何も無いじゃないですか。自ら評判を下げ、その後持ち上げられるほどの体力と余裕が今のUFAにはあるのでしょうか?
他に方法はあるでしょう。考えたくも無いんでおいらは考えませんけど。

長々書いてきましたけどね、要するに
「裏情報なんてその程度」って事ですよ。踊らされない方がいいんですよ。
おいらが聞いた話だってa社・・じゃなかったA社の関係者(どの程度の関係者だか・・・)の話として友人から聞いたわけだし。ここでおいらが尾ひれを付ければもっと凄い話にだって出来る訳じゃないですか。
芸能ネタなんてそんなもんですよ。

どう思います?何を信じます?
おいらは娘。を信じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/24

ハロコン「A HAPPY NEW POWER!」観戦記

一夜明けてのblog更新っす。帰宅したのがAM1:00だったんで・・・・。

さて初参戦のハロコン、前回書いたように白組のみの参戦。
が・・・当日になって赤も行きたくなった。無性に行きたくなった。
と言う事で18時半開演のチケット持ってるのに14時に現地到着。
15時開演の赤組チケGETの為にウロウロ。

「余ってたら買うよ~、無かったらあるよ~」の兄さん数人と交渉。
ダ○屋ってのはヤ○ザだからね、ぶっちゃけ。彼らの資金源として数万の金を払うわけにはいかんのよ。で叩き売り状態で彼らの利益が出ない値段になる時間を見極めつつの交渉だったのだが結局断念。
白組のみの参戦となりました。

と言うわけで開場までかなりの時間が出来た。
その分ゆっくりとグッズ買うことが出来たんだけどね・・・・・・・・・
ゆっくりし過ぎた。買いすぎた(笑)

行った人、「Happy Box」買いましたか?
何が入ってるか分かんない福袋みたいなもんです。
過去ハロ関係ツアーグッズの売れ残りの詰め合わせです。
「んな何が入ってるか分かんねぇモンに金使えるかよ」と2人で静観・・・・・・
が、時間の経過が2人の大人の思考回路を歪ませてゆく・・・・・・・・

買いました(笑)
で、開けてみると・・・・・なんとも中途半端な満足感。
メロンのTシャツとか、あややのリストバンドとかで若干凹みつつも、
ごっちんの写真5枚セットとかW&ベリのチケットホルダーで若干アゲ状態にされ
「なんでぇ!だましやがって!」と怒ることも出来ず、かと言って大満足も出来ず。

で・・・・・もうひとつ買いました(爆)
まぁ2人で4つ買ったんでね、お互いに推しメンが違うからいくつかのグッズに関してはトレードも成立。
メロンのTシャツだってデザイン的には結構お気に入り。ダンスのレッスンの時にでも着てみよう。リストバンドは自分のライヴのときにでも着けてみよう。
結果的にはそこそこの満足感。

が・・・・1箱5000円ですから。冷静に考えれば「バカ」ですから(笑)

当然これ以外にもうちわとかポスターとか買ってるわけで・・・・・・
今回のグッズ購入総額ですか?恥ずかしくて書けませんよ。
まぁダ○屋からチケット購入出来るくらいの金額になったとだけ書いておきます。

さて肝心のライヴですが
面白かったですよ。ハロコン初めてってのも手伝って新鮮。
色んな組み合わせで他ユニットやソロの曲歌うってのはハロプロとジャニくらいしか出来ないからね。これこそハロコンのあるべき姿なのかも。
だってハロコンの出演人数考えると1曲の時間がとても短くなるのは当然な訳で。
オリジナルメンバーの超ショートバージョン聴かされるのは欲求不満になるけどさ、
今回の形なら企画モノとして割り切ることが出来るからね。
まぁそれにしても曲単位の時間もコンサ自体の時間も短すぎ。
曲数減らしてもいいと思う。改善してもらいたいな、この辺は。

個人的に1番萌えたのはやっぱ「モーニング・コーヒー」っす。
あの衣装ですよっ!白セーターにチェックのスカートっすよ!!
当時と全く同じだったかどうかは26列目からでは確認できなかったけど、
あの衣装で姉さんが歌ってるんですよっ!!
あのシーンを見た時、なっちが居ないのが本当に淋しくて仕方なかった。
でもなっちが一緒にあの衣装で歌ってたら・・・・泣いてます、おいら。

他の曲もね、ベストマッチあり「ん?」ありでそれはそれ、楽しかった。
ごっちん、カッコいいよねぇ~、歌も一段と上手くなって。「渡良瀬橋」聴き惚れてました。何かの企画でCD化して欲しいっす。

でもね・・・
結局1番観てたのはやっぱ雅になっちゃった(笑)
今回の髪型、個人的にはあまり好きではなくて顔はほとんど見てないんだけどね、
ダンスがさ、本当に綺麗になってきた。ありゃ小6のダンスじゃないって!!
これ書くと逆に雅推しから怒られるかもしれないけど
ダンスやってる人間として言わせてもらえれば、あれは「大人の女」の動きっすよ。
いや、あくまで小学生だからね、不適切な発言かもしれないけど
ソウルダンスってのはその辺の「艶」も求められるわけで。
裸眼、オペラグラス、ともに駆使して堪能いたしました。

で、アンコールで娘。登場!マンパワー初ナマ。
会場もまだまだノリに戸惑い気味。でも盛り上がる。
これからどう育っていくのかに期待。
そしてアンコール2発目「ALL FOR~」で45人がステージ上に。
45人も居たらどこ見たら良いか分からないって?
んなもん梨華ちゃんに決まってるじゃないですか!!
んでも今回はかおりんも見とかないと。
大乱舞には行けないから娘。としての彼女を焼き付けておかなければ・・・。
と思ったら梨華ちゃんとかおりんのポジションは至近距離!!
ラッキーでした、幸せでした、満足しました。

そんなこんなで「Happy Box」4箱、車に積んで浮かれモードで帰ってきたのでした。
これからグッズの整理です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/22

いよいよ明日っ!

ハロープロジェクトのコンサートに行ってきます。初めてです。

いや別に今まで行く気が無かったわけではないのよ。ただどこかで自分に歯止めを掛けないと大変なことになるじゃないですか、経済的に。
前にも書いたけどおいらは「モーニング娘。」のファンなんだよね。だから娘。ツアーには出来る限り行きたいのよ。そっちにお金も時間も使いたいのよ。

でも最近ね、半年待てない体になってきた(笑)
それにこれだけ卒業メンバーが増えると、娘。推しだからこそ「卒メンに会いたい」の気持ちも大きくなるわけで。と言うわけで今回初参戦です。

と言いながら何故か参戦は白組のみ。片方しか行かないのは経済的な理由です。では何故娘。出演の赤組ではなく白組にしたのか・・・・・?

これも前に書いたけど、ズバリ「姉さん」ですよ「姉さん」!!
中澤さん目当てですよ!!

運動会は観に行ったけどあんなのライヴじゃないしね(いや、本人たちが悪いわけではない。全ては会場の問題なのだが)、じっくり姉さんが歌ってるところ見たいんですよ、ナマで。
もちろん圭ちゃんもごっちんも久しぶりでメチャ楽しみだし。

とか言いながら雅ばっかり見てるかも(笑)

とにかく楽しんできます♪

ところで・・・
おいらいつも娘。コン前にセットリスト順のMD作るんです。それを毎日聴いて曲順まで憶えるわけです。
が、今回はCD持ってない曲も多数あったんでライヴDVDからほとんどの曲をMDに落として作ったんですわ。
で、いつものようにLP2で録音したら・・・80分強で収まってしもた。
渡良瀬橋は音源持ってないんでそれ以外の25曲でこの時間。
いかにライヴヴァージョンが短いかって事をつくづく思いまして・・・・

曲数絞っても良いからフルバージョンばっかのライヴも1回観てみたい今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

「THE マンパワー!!!」

今日はとりあえずシングルV買って来ました。で、今1回見終えたところ。

曲自体も1曲通してちゃんと聴いたのは初めて、もちろんPVも。
で、これ本当に楽天球団立ち上がって企画されたものなんだろうな~って。
悪く言えば「時間も手間も掛かってねぇなぁ~」って思いましたね。

曲自体ってかアレンジがね「つんく♂、これでOKだったの?」って思っちゃった。
良い悪いじゃなくて、なんかつんく♂の狙いは違う方向にあったような気がするんだけど。
勢いとかグルーブ感が今ひとつって気がしてならない。もちょっとハデでも良かったんじゃ?

PVもね、1カメでほぼ回しっぱ。「これDance Editionですか?」って。
Another Editionも収録されてんだけどそっちの方がPVっぽいじゃん。
まぁどっちにしても企画段階で費やした時間は短いと見た。
振り付けも「えっ?いつの間にこのポジションにっ!!」ってほどの目まぐるしいフォーメーションチェンジも無いんで余慶に単調に見えるんだろな。
誰の振り付けかな~と思いながら、ふと「もしかして美勇伝の人?」と思ったんだけどどうなんだろ?メイキングで振付け師らしき人のバックショットが映るんだけど確認できず。もしかしたらあれは振付け師の弟子のイントラかもしれないし。
機会があったら調べてみよう。

でも曲といい振りといい、こういうシンプルなのってのは一度あたまにこびり付くと離れないんだな。気がついたら口ずさんでるな、きっと。
放課後より売れる・・・・よね?その放課後も最近お気に入りです。
散々文句言ってたのに最近は気がついたら口ずさんでます(笑)

さ、明日は梨華ちゃん20歳の誕生日。CD買ってきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

写真集「50W」「亀井絵里」

先週「注文した」って書いた写真集2冊、月曜日には届いてました。
まぁ今更だけど感想なんてものを。
あっ、毎度ですが画像は一切無いですよ、このページには。

まず「50W」。
50通りの衣装って事で落ち着きも統一感もないかと予想してたけど、これ間違い。メチャ完成度高いと思います。この写真集自体がホント「オモチャ箱」って感じ。
コスプレ系の写真集ってあまり見た事ないけど50着ってのはかなり多い方だよね?
それを見事こなしたWに拍手!撮影大変だったろうな・・・・。

個人的にはあいぼんがギター、ののがベース持ってるギャルバンショットがお気に入り。これ4ページあるんだけど特に2ページ目。2ショットなんだけど向き合ってないのね。このショットのののが絶品。ちょっと遠くを見るような目がカッコイイ。
ただ置いてあるアンプがショボくてねぇ・・・。We’re ALIVEのPVみたくマーシャル積み上げて欲しかったな。

とにかくこの写真集、Wや娘。やハロプロのファン以外にもお勧めできる1冊です。
女の子が見てもカワイイと思えるんじゃないかな?

続いて「亀井絵里 写真集」
アイドルってのは写真の方が綺麗に見える人と動いてる方が魅力的な人といると思うんだけど、彼女は後者だと思ってたのね。最近キャラが立ってきたからそう思ってただけなんだけど、写真集見て考えを改めなければ、と思った。
まだまだ表情豊富って訳じゃないけど、やっぱ綺麗ですよ彼女。

中国映画とか香港映画で脇役なのにドキッとするくらい綺麗な女優さんが出て来る時ってあるじゃないですか。あんな感じのね
「センターキャラじゃないんだけど気付いたら一番可愛かった」みたいな人になるんじゃないかな?
去年のツアーにしたって春コンと夏~秋コン間のわずか半年で表情とか凄く豊かになってたしね。
メンバー紹介とかMC時の客席の反応も明らかに変って来てたし、もしかしたら近いうちに娘。内で彼女の時代が来るのかも。

でもセンターにはあえて置かないで欲しいような気も。センターだけが偉いわけじゃないから。
娘。のそういう時代は終わってると思うしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

「パクリ」に反応し過ぎです

今月から設置してるアクセスカウンター。
時々コメントを頂いている 「豪商・無頼でぃっ!」さんのサイトで知って設置したんだけど結構面白いのねこれ。このサイトにアクセスされた経過みたいのが大凡ではあるけど把握できる優れもの。どんな検索エンジンにこのサイトが引っ掛かってるかも知る事が出来る。まっ若干重いのが気なるけどさ。

そこで今日「オレンジレンジ 盗作」って検索でここにアクセスされた方が居るって知って「ん?」と思ってこのページ書いてる。
なっちの盗作問題、オレンジレンジの紅白出演、それぞれ別の記事で書いたけどサイトとして考えれば引っ掛かることは充分考えられるもんね。でその検索ページを見るとオレンジレンジ自身の盗作問題ってのがネット中心で色々議論されてるらしくって。初めて知った。

あの~おいらオレンジレンジ、詳しいわけじゃありません。
子供向け営業バンドで「ビバ☆ロック」歌ったことがあるけど他は紅白でやった「ロコローション」くらいしかしっかり聴いた事無いです。
だからあまり深くは言えませんけどね「ロコローション」に限って言えばあれはパクリじゃなくて「パロディー」じゃないですか?曲名の時点でパロってますよね「ロコモーション」を。
これを「パクリ」って言っちゃうのは何だか違うような気がするのよ。

「パクリ」と「パロディー」の線引きは難しいかもしれないけどさ、聴いてる側が「ムフフ」と笑えればそれでOKって気もするんだよね。頂いた側の「頂きました」って姿勢が見えちゃったほうが妙に納得できると言うか。
「ほぉ~、あのフレーズこう処理したか」とか「へぇ~、こう来たか!」とかその辺ってこの手の楽曲の楽しみでもあると思うんだよね。
娘。の曲で言えば「愛車ローンで」なんて典型的なパロディーでしょ。「マイ・シャローナ」が「愛車ローンで」ですよ。ギターのリフも全く一緒でこのタイトル付けた時点で分かってやってるパロディーだって事ですよ。
これをパクリって言われても「えっ?何か?」としか言いようが無いっすよ作り手は。

結構古い曲だけどドリカムの「決戦は金曜日」が発売された時、ソウルフリークはいち早く気付いたのよ、シェリル・リンの「ガット・ビー・リアル」にソックリだって(前半の雰囲気ははE・W&Fの「レッツ・グルーヴ」かな?)。でも「盗作だ~!」って騒ぎにはならなかった気がするんだよね。まぁ今と違ってそんなにネットも普及してなかったから時代のおかげかもしれないし、おいらの知らないところで大騒ぎしてたかも知れないけど。
あの時もさエンディング近くの吉田の
「ア~リャリャア~リャリャ、ヲリャ~!」みたいなフェイク(?)聴いた時に
「うんうん、いいよいいよ、ここまでやればOKだよ、認めるよ、シェリル好きなんだろ?」って気になれたんだよ、なぜか(笑)。作り手の気持ち、歌い手の気持ちの中の元ネタに対する敬意っていうかな、感じたのよ。
だって「決戦は金曜日」自体が良い曲だと思うもんね素直に。あれだけの曲聴かされたら納得しちゃうよ。

少し話しの方向性が変りますがモーヲタサイトなんで娘。に話戻します。
最近気付いたのが
「本気で熱いテーマソング」とB・Tエキスプレスの「ハブ・サム・ファン」がかなり似てるなって事。BPMも曲調もかなり違うんで今まで気付かなかったんだけど全体の展開、特に2コーラスから間奏に入る雰囲気とかその辺りのベースラインは酷似。
でも単純にこれを「パクリだっ!」って言う気にはなれんのよね。おいらが元ネタと思ってる「ハブ・サム・ファン」も前出「ガット・ビー・リアル」に似てるし(笑)どっちが先に発売されたのか知らないけど。
このケースは「パロディー」とは言えないけど作る側のコンセプトイメージとして、「こんな雰囲気の曲作りたい」って思った時点で下地が出来ちゃったパターンかな。
同じようなコード進行やベースラインや展開で違うイメージの曲なんて沢山あるしさ。
それをイチイチ「パクリだぁ~っ!!」って言ってたら曲なんて作れないってばさ。

一般的に歌メロはほぼ1オクターブ半の中に納まってる。「低い方から高い方まで使ってるなぁ~」って曲でも2オクターブをフルに使う事は少ない。
音域が狭い歌手だと1オクターブ内、場合によっては全音で5つ位の中に収まる。その中で色々な理論だとか構成だとか考えて作ってるんだから似てるものが既に存在しててもおかしくないのよ。
全く新しいものを生み出せるのはほんの一握りの天才か、偶然と言う名の奇蹟だと思うよ。
作り手が「意識してパクッた」のか「似ちゃった」のか、
意識したのなら「パロった」のか「隠したい」のか。
その辺が問題になるんだと思う。

そう考えるとオレンジレンジの場合、若干問題があるかな。彼ら
「合言葉は<パクろうぜ!>です!~中略~ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)」と語ったらしいんだな。
このコメントだと「バレたらヤバイ」って受け取れるもんね。
バレたらヤバイってのは犯罪者の心境だからね(笑)
最近になって「ロコローション」の作曲家クレジットが変更されたらしいじゃないですか「ロコモーション」の作曲家に。
で「ロコローション」は「和訳」って扱いにしたそうな。
なんかそれもねぇ~・・違うような気が。
精神的に余裕の無い世界になったのかな、音楽の世界も。

パクリにしてもパロディーにしても出来上がった作品が新しいものとして完成されてれば、そんなに目くじら立てる事無いと思うんだけどなぁ。
サンプリングとかミクスチャーに関しても何小節以内ならOKってのがしっかり決まったでしょ?何年か前に(具体的に何小節だったか思い出せないが・・・)。
それを一切認めないってことになると新しい音楽が出て来ないって業界も判断したって事ですよ。

パクリだっ!って大騒ぎしてる人たちがオリジナル作品だと思ってる曲の中にも模索品は多く存在してるんですよ。
だからこの手の問題、ミュージシャンは黙っちゃうじゃないですか(笑)
被害者がある日突然加害者になる。
そんな危険を含んだ問題なのですよ「パクリ問題」は。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/09

「ラッキー7オーディション」合格者ゼロ

テレビ愛知は来週放送なんで特番はまだ見てないない。だから結果しか知りません。そうですか、合格者なしですか・・・・。
確かに3次審査に残った6人の中にエースを予感させる子は居なかったかもだけど、それでも「もしかしたらこの子、化けるんちゃうかな?」って子も居たと思うし(個人的には福井の白井さん、兵庫の小部家さん、滋賀の辻本さんに興味があったのだよね)、残念といえば残念。

でもどこかでホッとしている部分もあって・・・・なんなんだろ?
しばらく現メンバーで固定って安心感はヲタ的には滅多に味わえない精神状態なのであって「UFAさん、私たちに安息の日々を下さったのですね」って感もあるのだよね。

やっぱ「エース探し」ってコンセプトに無理があったのかな。いきなりエースとしての重圧を背負えるほどの実力があるなら娘。には要らないもんね。
そういう団体じゃないもんモーニング娘。は。何かが足りない娘の集まりだもん。エースになったら卒業だもんね。そこに新メンバーとしてエースを入れるってのは無理があると思うし意味が無いのかもしれない。
て考えると納得の結果なのかなぁ~。

んでも上記3人もったいないなぁ~。新ユニットデビュー期待しちゃうなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/07

なんでコスプレ?

Wのファースト写真集が発売。タイトルが「50W」。
50着の衣装で50のWね。なんて解り易い。

いろんな衣装の2人ってのは確かに見て見たいけど、
メイドとかチャイナって、んなコスプレまでしなくても・・・・・

とか言っても見てみないと分かんないんで早速注文しました、キャメイの写真集と一緒に。
ん~・・ネットで本が買えるってのは便利だけど、便利な分、つい買っちゃうなぁ。
キャメイには手を出さないつもりだったのに・・・・。

マコっちゃんは春くらいだったっけ?買っちゃいそうだなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/03

10時間ドラマ「国盗り物語

時代劇だから登場人物を見ればどの辺りまでを描くのかも分かるし、何より配役的にあまり期待できないドラマに10時間も付き合う時間は無く、21時くらいから見ればお玉の登場には充分間に合うだろう、と。
で、正解。伊藤英明は嫌いな俳優ではないが信長やるには無理がある。光秀(渡部篤郎)と逆の方が良かったんじゃ?ついでに言えば菊川怜の濃姫も厳しすぎる。

さてお玉の梨華ちゃんですが・・・・時間も短いし、まぁ許される範囲の演技だったんじゃないかと。
もちろんかなり贔屓目で見てですよ。推してる手前あまり厳しい事言えないじゃないですか。梨華推しの自分を置いといて演劇部出身の自分の目で見ちゃうと「おいおい・・・・・」って感じましたけどね。
10時間の中のあれだけの時間なんでね、カワイイってだけで許してくださいよ。
どうせなら魔界転生(古っ)の細川ガラシャやってる梨華ちゃん見てみたいっす。あれくらい思い切った役だと結構イケるかも。
それより名前の下に(モーニング娘。)って出てるのが気になったな。必要なのかなぁ~ピンで出てるのに。

しかし梨華ちゃんに限らず、最近の若手俳優陣って間の取り方が悪すぎ。頭の中で台詞を追ってるのがバレバレ。台本くらい憶えましょうよ。ってか10時間のドラマですからもう少しキャスト考えましょうよ。14時から見てたら「時間返せ~っ」って怒ってるね、間違いなく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/01

元旦から娘。

あけました。おめっとさんでございます。
新年って事で何か新しい事をと思いコソッとカウンターなんて付けてみました。
したら若干重くなったみたい・・・取っちゃうかもね。
日テレで朝から娘。やあやややごっちんが出てます。それ見ながらサクッと更新。さっきまりっぺが牛乳飲んでました
(あれ、飲んだって言えるのか?)

さて昨日の紅白、予想以上に楽しめました。後浦の時キッズ(含むベリーズ)まで出て来たしね。大晦日に雅の顔が見れたのは何だかお得な気分でした。
で、娘。&Wそして後浦ともに、メドレー処理の曲間でほんの数小節ですがカッコいいダンスがありました。個人的にはこの数秒が大満足ポイントなわけで。

ハロープロジェクトってのは歌手の集まりなんで楽曲やアイドル性については色んなところで語られるけど、あまりダンスについては語られないんだよね。
彼女たちのダンスってのは本当に凄いと思うんだ。もちろん振り付け陣の力量も凄いんだけど、それに応えてる彼女たちには本当に頭が下がる。
特に娘。の場合大人数でのフォーメーションチェンジを伴ってるし。ライブなんてあの人数であの曲数で1度もメンバー同士がステージ上でぶつからないってのは奇蹟に近いとすら思うんだよね。フリーに見えてるところでもしっかり振り付いてるし、バミリだってステージの先端に最低限あるだけだし。ライブん時の「We’re ALIVE」なんかホント凄いよ。A、Bメロであれだけ激しいフォーメーションチェンジした後「♪努力~」んとこでのキメ!。見るたびに涙が出てくるくらいカッコイイ。

昨日の紅白でこの辺の娘。の凄さに気付いてくれた人が沢山いてくれると嬉しいな。

(な~んて書いてる隙に梨華ちゃんが鳥小屋に入ったぞぉ~っ!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »