« ラストプレゼント | トップページ | 道重さゆみ 2nd写真集「憧景」 »

2007/01/14

無理すんな、よっすぃ~

よっすぃ~の弟さんが、亡くなられたそうです。

☆詳しくはこちら☆

享年16歳。あまりにも早く、あまりにも突然の訃報です。
よっすぃ~の気持ちを察すると・・・・涙が止まりません。
御冥福をお祈りします。

そしてこのニュースの続報として、
14日のワンダコン出演を決断したという報も入ってきました。

☆詳しくはこちら☆

昔からよく言われていることです。
芸能人になったからには、たとえ親の葬式があっても現場は離れられない、と。
これは事務所がど~こ~言って来た言葉ではなく、芸能界と言う厳しい世界で生きていくうえで、又 お客様あっての仕事ゆえに、「何があってもお客様第一。そして何より、自分の代わりは居ないんだ」という決心を自らに課す為、タレント各自が自分に言い聞かせてきた言葉です。

でもね・・・・・

よっすぃ~、無理すんな。

気持ちはわかる。凄くわかる。

実は昨年、おいらも似たような経験をしました。

6月中旬、自分にとって大きなイベントの10日前、母が倒れました。
医師から「余命2週間」と告げられました。

が、前売り券も捌けて、スポンサーも付いてるイベント。しかもおいらがイベントの責任者補佐であり舞台監督。ステージも最初から最後までほぼ出演しっぱなしという状況を考えると、もし本番当日に母が死んでもこのイベントはやり遂げなければならない状況でした。

関係者の数人にだけ事情を説明し「もし当日何かあっても本番は完璧にやるから、撤収関係だけ頼む」とお願いし、親族にも訳を話して、もしそうなったら通夜や葬儀の日程がずれる事を了承してもらいました。

結局母はその後一時取り戻し、8月に亡くなったのですが、
病中の、しかも今日死ぬか明日死ぬかという家族の事を考えながらの準備や本番は、精神的にギリギリの状況でした。

おいらの場合は母だったし、しかもまだ生きてました。それでも「家族の死」に直面した状況でのステージ。実際、本番の記憶があまり無いんです。

ましてや、今回のよっすぃ~・・・・・・・・・

おいらのケースとは比べ物にならない精神的状況です。
仕事とは言え、本当に休ませてあげたい。

それに、もっと心配なのは月末の横アリ以降です。
恐らく、この横アリまでは気持ちが張ってる状態で乗り切れるでしょうが、
そこで一息ついた時、よっすぃ~の体が心配です。

でも、今日の大阪公演の出演も自分で決めたんですもんね。
多分彼女の事だから、卒業まで全力で仕事してしまうんでしょうね。
逆に、ステージに打ち込む事で少し気持ちが落ち着くってのも事実ですし。

もちろん応援します。

でも“頑張れ”って言いづらいな。

本当に、
よっすぃ~、無理すんなよ。
後がキツイから。

FC2 ハロプロblogランキングはこちら

|

« ラストプレゼント | トップページ | 道重さゆみ 2nd写真集「憧景」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無理すんな、よっすぃ~:

» 芸能人ブログランキングをしらべましたら・・・ [芸能人のブログランキング]
芸能人の作ったブログが芸能人だけの中で順位は何位なのやと関心が高いですよね? 女性のブログが上位ばしめとっです。 [続きを読む]

受信: 2007/01/14 19:48

« ラストプレゼント | トップページ | 道重さゆみ 2nd写真集「憧景」 »