« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

胸を張って“アイドル”を応援しよう!

2~3日前から風邪気味。喉が痛いっす。
てな訳で今週末は家でおとなしくしてます。
先週末はしゃぎすぎたからww

で、こういう時間があるときに限ってネタが無いなと。
さゆ写真集&DVDも、どうやらまだ届きそうに無いし・・・・


で、こういう時はダラダラと超(長)駄文を書いてしまうのだす。
しかも夜勤明けって・・・・・文章にすらならない危険アリ。
お忙しい方、早めに切り上げてくださいまし^^


24日のGAM昼公演で、あややが誕生日の話の流れで

「みんな1個ずつ歳をとるんだよね~。私らがデビューした頃に30とかだった皆さんは今、35~6歳になってるわけで、そういう皆さんにも応援し続けてもらえるってのは、本当にありがたいです」みたいな話ししてましてね・・・・・


   先月41になりましたけど、何か?


と心の中でツッコんでみた。
まっ、同様の方が結構いらっしゃったのではないかとww


確かにハロヲタの高年齢化は否めませんしね。
っつ~か、オーバー30が5割以上って気も・・・・・

で、ふと思うわけですよ・・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

  幸せだなぁ~って (爆


少なくとも、40過ぎて「100%楽しい時間」を過ごす機会を持ってるって時点で、かなり幸せな部類だろうなと。職場等で周りを見渡すと、本気でやってる趣味を持ってる人以外はほとんど仕事に追われちゃって疲れてますもん。

そう。おいらにとってヲタ活動って「趣味」なのね、完全に。
「趣味は?」って聞かれたら、普通に答えてますよ。

「バンドとダンスとモーヲタです」ってww

“大人の趣味”だから、当然それなりにお金も使います。
ここ数年は年間で6桁中盤のハロ出費です。

一方、音楽関係はお金掛かんないんですよ、意外と。 2~3時間スタジオ入ってもメンバーで割れば千円ちょっとだし、チケットノルマ発生するライブなら絶対ノルマ以上売る事にしてるし、自分が主催側でイベント打つときも絶対赤字にならないラインは死守して企画するし、インディーズとしてCD出すとか考えて無いし。
一方で曲の制作依頼なんかあったら小遣い稼ぎにはなるし、MC単体の依頼は仕事として請けるし、営業でバンド演奏って事もあるし。


って考えると、やっぱハロヲタって金掛かる趣味なんだな^^;
(まっ、25年もバンドやってるんで楽器関係も7桁使ってる訳ですが・・・)


でもさ、パチンコ含めギャンブルやらないし、キャバクラとか自分の金じゃ行かないし、外で呑んでも付き合い程度だし、風俗行かないし、ゴルフもやらないし、旅行は「遠征」と言う名に変ってるしww

40代前半の独身サラリーマンなら趣味にこれくらいのお金は使うっしょ? まぁ年間数十万使うようになったのは離婚してからなんで、もし再婚したら当然今のペースじゃ無理だろな。今のところ予定無いからいいけど。

で、おいらが普通に趣味として消化できてて「幸せだな」と感じる事が出来る大きな要因に、「完全にカミングアウトしてる」って部分があると思うんですよ。
周りの人間、み~んな知ってる。

当初は大変でしたよ。ってか面倒くさかった。
「大丈夫?」とか「やめときな」とか「ネタでしょ?」とか散々言われましたよ。
でもね・・・・・・・

    初志貫徹!!(w

貫く事が大事。誰にでも「だって好きなんだも~ん」と言い放つ。

で、納得されたり容認されたり放置されたりww

自分のライブのMCでさ、他のメンバーが
「この人「ライブで忙しくてスタジオ来れない」とか言うんだけど、自分のライヴじゃなくてモームスのライヴなんだよね」とか平気で言う。で、笑いが起こればOKなんです、おいら的には。

ダンスのリハとか、平気でメロンのTシャツ着て行きますよ。で、中には気付く人も居てね。「SO-RYさん、それってメロン記念日のTシャツですよね?」って。メロン知ってる時点で話し出来るじゃんww 楽しいよ、こんな生活。

”大人”なヲタ連よ! 心底納得して楽しもうじゃありませんか ^^
犯罪でも無いし、迷惑も掛けて無いし。
ただ「好きな人」がそこに居るだけなのですから。


人それぞれ環境も違うし、場合によっては隠しておいた方が活動しやすいって部分もありますからね。一概に「カミングアウト=幸せ」とは言い切れません。 特に「ロリコン」だと思われると私生活にも支障がでます。出来れば実生活では同年代の女性のお相手をしましょうww

ただ少なくとも自分に対しては「○○才にもなって・・・・」
とかは思って欲しくないなと。

以前「アイドルの定義」について書いた事と被りますけど、
「アイドル」って存在が世に出てきたのが昭和40年代後半。

つまり、俺等世代は
「子供の頃からアイドルに親しんできた最初の世代」なのですよ。

俺らより上の世代にとって、アイドルは「子供の楽しむモノ」だった。高度経済成長を駆け抜け、オイルショックに打ちひしがれた当時の“大人”にはとてもアイドルを楽しむ余裕なんて無かった。当時20才前後でアイドルが好きだった“少し大人”なお兄さんたちの多くもそんな“立派な大人”の常識に従わざるを得ず、いつの間にか「アイドルは子供のモノ」が常識的になってしまった。

ただそれだけの事。

時代は変ったのですよ。時は流れてるのですよ。

41のオサーンが「私はモーニング娘。が大好きです」と公言しても、
普通に生きていける時代なのです。
心底、本気で楽しんでれば人は解ってくれます。
解ってくれなくても、放置されるだけのこと。
慣れればそれもやがて快感に・・・・・・

ただ1つ大事なのは、
無理やりこっちの世界に引きずりこもうとしない事ww
先方にも趣向ってものがありますからね^^


などと・・・・・

  久々に自分を思いっきり肯定してみたww

    FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/29

GAMコン余談

そうそう、そう言えば・・・・

ドキみき&今うさピーのリンク企画で美貴様罰ゲームとして、
美貴様がライブで“うさちゃんカチューシャ”を着用するみたいな話しがあったんですが、見事にスルーされてました。まっ、踊れないよね^^

って客席には数人居ましたがww

  FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/27

改めて「GAM」について考える

いやいや、そんな大そうな事ではなくて・・・
土曜以来5日間、頭の中にGAMの曲しか流れてなくてww

車の中で曲聴いて、頭の中ではライブ映像が流れ、たまには口ずさむ。

GAMの事考えるしかない状況なのですよ^^;


で、仕事しながら曲を何度も何度も頭の中で再生しながら、ふと思いまして。それを確認する為に自分の前記事読み返したりして^^

思ったんですけどね、1stアルバムを聴いた時に「音楽的な方向性が読めない」って感じたのは、実はこれ“狙い”だったのかなぁ~と。

ハロの他のグループって何とな~く色があるでしょ?音的にも。
ベリの「告白の噴水広場」なんて村下孝蔵か来生たかおかって感じの昭和歌謡だけど、Bメロ頭の1小節だけで充分ベリの世界に持っていってるし、℃-uteは比較的低音抑え目で「まっさら~」のチョッパーベースとかわざとパキパキ言わせてて、それがハツラツ感に繋がってたり。
(それがおじさんには「落ち着きの無さ」に感じられて長時間再生に耐えられないのですが・・・・)

娘。はおいら「養成機関」だと思ってるんで音楽的には何でもアリだと思ってるけど、美勇伝やメロン、ソロ組にもそれぞれに何とな~くだけど“色”がある。
それがGAMには感じないのね、現時点では。


これを「何でも出来ちゃう2人だから何やらせるか迷っちゃう」
って感じに受けとめたんですが・・・・・・・

何でもやらせときゃいいんですね、この2人はww

多分今後もコンセプトとか方向性みたいなものは、音楽的な部分を含めて定まっていかないんじゃないのかな?って感じてます。

で、それこそが「GAM」なのかな~ってね。

ライブレポで「グループとしての統一感がもう少し出ても・・・」みたいなこと書きましたが、それは時間の経過だけが作り出してくれればいいレベルの事であって、あえてコンセプトとか必要ないんだろうな~と。

だって「グレート 亜弥&美貴」で「GAM」だもんね。
この名前そのものがコンセプトなんよね。

  「松浦亜弥と藤本美貴が一緒に歌って踊ります」


これだけで充分で、これが全てなんだろな^^

「誰でも出来そうだけど、GAMがやったらここまで凄いんだって」
みたいなのをCDやライヴで見せていくんだろな~。


とか考えててふと・・・

現時点でおいらの中でハロ1推しユニットになってるんじゃないのか?

なんてとんでもない事まで考え出したりしてw

で、先ほど「Dohhh UP!」で「元気+」の映像見ましてね・・・


安心しました。やっぱおいら何があっても娘。1推しです^^;


「ここから美貴様抜けると~・・・」とか考えながら見てて、「あぁ、人数的には一緒かぁ~」とか思いながら新フォーメーション考えてましたww

これだからヲタ止めらんない
(って止める気なんてさらさら無いけどww)


   FC2 ハロプロblogランキングはこちら

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

GAMコン参戦記 其の弐

さて、前記事の続きです。
今日は全体通した感想とか、そんなものを。

今ツアーは当然のように1stアルバムの曲を中心に置いた構成。
で、そのアルバムがインパクトと言う点では若干の物足り無さを感じた出来だったので、正直ツアーにもそれほど期待できずにいました。その時の記事には「ライブが楽しみになりました~」とか書いてますけど、実は不安でしたね^^;

☆アルバム感想記事☆

が、その予想は見事に裏切られた訳ですよ、2人のステージによって。

アルバムのインパクトが薄かったという事は、逆に言うとそれだけ素直な作りの曲が多いって事だと思うんです。改めて聴きなおしてみると、アレンジも音数が少なくてシンプルな曲が多い。

オケ自体がシンプルなのでイコライジングが楽だったのか、ライヴも凄く良い音でした(2日目夜はファミリー席で観たんですが、2階のほうが良い音でした)。娘。コンでよくあるような所々ポイントで不安定になっちゃう事も無かったし、2人も凄く歌いやすそうだった。って事は、装飾音がぶつかり合う事も無く、レコーディング時点で必要以上のエフェクトが掛かってることも無く、コードの選択も比較的素直だって事だと思います。
(この辺は理論的な話になっちゃいますが、CD等で家庭で聞く場合全く問題無いのに、コンサートホールのPAで大音量再生すると不安定になるって現象があるんです)

で、曲そのものがシンプルな分、2人のパフォーマンスが凄く生きたステージだったなと。とにかく2人の歌が凄い。声が凄い。「蜃気楼ロマンス」や「愛の船」や「ここでキスして」でじっくり聴かせてくれます。声のハリとツヤが凄い。

で、2人の声の混ざり具合がライヴだと余計に気持ちいい。
美貴様の声ってマットないわゆる「こもり声」なんだけど、あややの声も少し鼻にかかってて真正のクリアじゃないから部類的には似た部分を持ってる声質。で、それぞれが得意としてる音域が微妙に違うんで、一緒にユニゾンで歌ってても喧嘩しないでパートごとに自然にどっちかが前に出たり後ろに下がったり、時には見事に混ざり合ったり。
聴いてて凄く気持ちよかったです。

ダンスもカッコ良かったし可愛かった。振り付けも面白い事やってるし意外と作り込まれた感がありました。見せる部分と客席との一体感を求める手振り部分のバランスも良かったと思います。「愛情オアシス」と「・・・H」はDVDが発売されたら完コピしますww

と、お互いに足りない部分を補なうという2人ユニットに欠かせない部分もしっかり出来てましたね。簡単に言えば冷静に見て、歌に関しての基本的スキルはあややの方が一枚上手。一方ダンスに関しては美貴様一歩リード。それがステージ上で見事にバランス取れてるんですね。
決してあややのダンスが下手なわけじゃなく、もちろん美貴様の歌が下手なわけもなく、高いレベルにある2人がお互い「チョットだけ足りない部分」をお互いにサポートしてるという、ユニットとして非常に良い関係にあると思いました。

ライヴの帰り道も車内でセットリスト・プレイリスト聴きながら帰ったんですが、アルバム曲の印象が全く変りました。これは他のハロ曲でも良くある事。脳内でライヴ映像が再生されるし興奮の余韻もあるし^^。でも娘。春ツアー後に「SEXY 8 BEAT」のイメージが良い方向に変ったか?って~と、そうならなかった。
今回のGAMに関してはライヴを観て「このアルバムはこう聴くんだよ。ここが面白いところなんだよ」って教えられた気がします。

ライヴ構成で面白かったのが、ソロコーナーではそれぞれが参加した別ユニットの曲を歌い、それぞれのソロ曲はライヴ後半に2人で歌ったってところ。

GAMって現時点では微妙なバランスのユニットだと思います。
パフォーマンス面じゃなくて“存在”としてね。
そう。“ユニット”なんですよね、“グループ”じゃなくて。

やはりあくまで「松浦亜弥と藤本美貴のユニット」としてファンも認識してる。客席も現段階ではそれぞれの推しが混在してるってだけで「ただ単にGAMが好き」って人はまだまだ少ない気がしました。だからそれぞれのPPPHで音量(声量?)差が生じたり、終演後の最高コールが中途半端になったりしたんだと思うんです。

そんな状況で普通にソロコーナーで自分のソロ曲を歌ったら、それに拍車を掛ける事になるだろうなと。別にそれが悪いとは思わないけど、あくまで「GAMのライヴ」にしようと思うと、それは邪魔だろなと。
逆にそれぞれのソロ曲、しかもアルバム曲を2人で歌う事で双方の推しに対して
「ね?邪魔にならないでしょ?」みたいなのを認識させたかったのかな、と。
実際、あややが入った「涙GIRL」も凄かったしね。

振り付けに関して言えば、Winkみたいにもっと2人が絡んで“2人だから出来る振り”ってのも見たかった気はします。基本的には同じ振りを踊ってるだけとか、歌担当とダンス担当がメロ途中で入れ替わるだけってのが多かったし。
時間を掛けてその辺が出来てくると、もう少し“グループ”らしく見えてくるかもしれません。が、もしかしたら そんなことは狙ってないかもしれませんしね。“ユニット”のままで良いのかもしれない。

“個”が強い2人だから、それを無理やりまとめる必要は無いかな?
ってか、無理かもねww
ただ、いつの日か自然に全公演の終演後に「GAM最高!」のコールがされる日が来るといいなぁ~って思ってます。

さてここでいきなり話を変えて、MCの話でもしましょうか。

3公演の中で面白かったのが日曜昼公演のMC。
前日公演後の話をしてくれました。

スタッフ一同との打ち上げの席。
2人とも大人ですしね、気持ちよく酒も進んだそうで楽しくやってたそうです。
で、あややがふと気付くと隣に座ってた美貴様が消えたと。
「何処行ったんだ~?」と思ってたらお店の明かりが消えたんだそうな。
「ハァ?まだ酒呑んでるのにぃ~~~」って不満顔のあややだったそうですが、

次の瞬間、
巨大なバースデーケーキを持った美貴様が登場したそうな!!

で、余程嬉しかったのか只の酔っ払いと化していたのか、
何を思ったかあややは何と!!そのケーキに顔突っ込んだんだと(爆

   コントかよっ!!

で、美貴様も強引に同じ目に合わされたんだとww
嫌がる美貴様の顔が目に浮かぶ^^

結局その場に居合わせたスタッフ全員、ケーキに顔突っ込んだそうな。
で、普通にそのケーキをみんなで食べたんだとww

     おいらも食いてぇ~~~~!!


その後ホテルに戻る途中にコンビニで酒やら何やら買いこんで、
スタッフの部屋で2次会(?)。トランプ大会やったそうな。
で、そろそろ寝ましょうって話しで部屋に戻ったあやや。
と、すぐに携帯が鳴ったんだって。

そう。想像通り美貴様ですww

「ねぇ~、なにしてんの~~~?」って・・・・


   さっきまで一緒に居たっしょ~~~っ?!

とツッコミながら電話で話すのが面倒だったのか、
あややが美貴様を部屋に招いたんだそうな。
美貴様、部屋移動レベルで荷物持って来たんだとww

結局寝たのが明け方4時とか5時とか。
まぁ前日同会場なんでリハは簡単なサウンドチェックだけだろうから
5~6時間は寝たのかもしれないけど、それで2ステージやれっるって・・・・
若さですね^^;

さて、今回のグッズ購入。

以前「最近グッズ欲が薄れてきた」と書きましたが・・・・・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・
   
    ・

   すみません。大嘘つきですww


GAM DVD PAMPHLET
GAM B2ポスター
コレクションピンナップポスター (×5)
マフラータオル
松浦亜弥プロデュースバースデー記念Tシャツ
ツアーTシャツ
メンバープロデュースソロTシャツ 藤本美貴
日替り四つ切り生写真セット 台紙付き 藤本美貴
ソロ生写真5枚セット 藤本美貴 (A,B)
ソロライブ生写真4枚セット 藤本美貴 (A,B、C)
ソロメタリック生写真5枚セット 藤本美貴 (A,B)
ソロ2L生写真2枚セット 藤本美貴

〆て・・・・・・22500円(爆

メンバー別全部セット超えてしまったww
いや今回はですね、藤本美貴の偉大さと必要性をUFAに知らしめようと・・・

あい。いい訳です。欲しかっただけでつ^^;
満たされましたw

ところで・・・
今回のライヴで気になったのは、美貴様ちょっと痩せたかな?って事。
心労かな?あややと一緒だからそう見えたのかな?
(いや、あややもとても細いんだけど、骨格の関係なのか顔の形なのか彼女って着膨れするのよね。衣装によっては丸く見えちゃう)
体だけは気をつけて欲しいな。

さてさて、先ほどチョット調べましたが・・・・・

北海道日帰りはかなり難しい事が判明しましたww
まぁ今回は素直に3公演で満足しておきます。
次回ツアーは可能な限り遠征決行決定。
って、美勇伝も次回は遠征する気マンマンだったよな・・・・・・・

あくまで娘。が1番。ここは大事にしたいと思っております。
(いやいや、もっと大事な「実生活」って奴を忘れてましたww)

まっ、とにかく大満足の2日間3公演でした。
明日からのZeppツアー。平日が絡んでる事もあってまだチケットあるみたいです。
GAMや2人個々やハロプロに興味が無い方にも是非足を運んで欲しいライヴだと思います。

2ndアルバム発売まで待てない!
秋にでも次ツアーお願いします^^


     FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GAMコン参戦記

「GAM 1stコンサートツアー2007初夏 ~グレイト亜弥&美貴~」

愛知厚生年金会館3公演、行ってまいりました。

書き終わってアップする頃には日付が変わってると思いますが、
現時点ではまだ日曜日ですので、一応当日レポと言う事で^^

昨日は晴天に恵まれましたが今日はあいにくの雨。
昨日グッズ買っといてよかった~。

今回は2日ともおさちんさんとご一緒だったので時間が過ぎるのが早かったです。やっぱ独りだと時間持て余しますもんね開演前とか。初対面なのにね~、昨夜は0時近くまで語り合ってしまったし^^

そして今日の昼公演は富山から参戦のmokkaさんも合流。昼公演の為だけに富山から車で駆けつけた彼、男気を感じます。さすがです。ヲタの鏡です。

で、今日の夜公演は女子2人とも合流。そのうちの1人は今頃東区の某クラブで行われているあやや生誕イベントに参加してるはず。もう1人は刺激を受けたのか公演後一緒に飯食いながら、「私に曲書いて」とか言い出すし・・・
“濃い”5人が集まりましたww

さてと、いきなりですが今日はセットリスト順に曲単位での感想から書きます。深い意味は無いです。時間が掛かるので先に書いちゃおうと。後回しにすると寝ちゃうぞとww

①甘い誘惑

アルバム聴いた時点でオープニング曲だろうとは思ってましたが、登場シーンからいきなりヤラレました。カッコよすぎ。曲始まりまでの雰囲気は普通に“ロックコンサート”ですねこりゃ。歌い出しから簡単な拳突き上げ系の手振りが付いてるんで、嫌でも(嫌じゃないけど)盛り上がります。素晴らしい演出。

②LU LU LU

2曲目で聴きなれて振りも見慣れたシングル曲が来ると、チョットした安心感がありますね。これもサビでおなじみの手振りがあるんで一体感も生まれます。ステキな流れ。

③愛情オアシス

振りが可愛くてカッコよくて見入っちゃいました。サビ最後の「♪オア~シス~」んとこの縦のウェーブとか、やっぱ美貴様綺麗。

④.イチャ イチャ Summer

さわやかで可愛い曲。ハモリが綺麗で気持ちが良いです。

⑤.SHALL WE LOVE?

オリジナルから1人少ないだけって構成に逆に違和感あるかな~と思ったんですが、見事に「GAMのSHALL WE」になってました。いつ聴いてもこの曲はイイ♪。大好きな1曲です。日曜夜公演、この曲の後のMCで、美貴様呼びかけにより会場全体で「ハッピーバースデー」歌いました。あやや21歳誕生日おめでと~~~♪

⑥好きすぎて バカみたい

あややソロ。ソロコーナーであえて自分のソロ曲歌わないって構成も面白い。あややの煽り(あおり)凄いですわ。ごっちんソロの好きバカとは又一味違うカッコよさ。それにしてもあやや、ピッチ外しませんねぇ~。すげ~スキルの持ち主だと改めて実感。

⑦シャイニング 愛しき貴方

美貴様ソロ。元々オリジナルでもサビは1人で歌ってたし、全く違和感無かったです。サビの高音の伸び、3公演とも素晴らしかったです。気持ち良さそうに歌ってました。それだけでこっちも満足^^

⑧蜃気楼ロマンス

凄いよこれ。ゾクッとしました。カッコ良過ぎ。この曲をあそこまでのレベルでライブで体現できる2人が凄い。今ツアー中、GAMの凄さが一番解り易い曲かもしれない。

⑨メロディーズ

2コーラス後間奏の二人の動きが止まるところで、赤照明に浮かび上がる2人が凄く美しいです。この曲、ライヴで観ると不思議なほどエロさが薄れるんですよね。視覚的効果が高いんだろうな~。綺麗過ぎて普通に見入っちゃうww

⑩愛の船

聴かせ系なんだけど凄く気分が高まってきます。スケールでかい曲。2コーラスの「♪目と目で合図~」んとこで必要以上に接近する2人が面白かったw

⑪熱い魂

ライブ用に書き下ろされた曲らしいです。ギターが凄くカッコいい。2ndかプッチベストにでも入るのでしょうか?是非ともCD化を望みます。覚えやすいし拳突き上げだし、これも盛り上がりましたね~。

⑫ここで キスして

昭和歌謡ロックとでも言いましょうか?早い話が「シャ乱Q」ですww 是非一度、裕ちゃんに歌って欲しい。この曲のドラムが気持ちイイんだなぁ~、打ち込みって解ってるけど^^ 

⑬From That Sky ~替え玉は硬メンで~

あややアルバム曲を2人で。実はこれ、現場で始めて聴きました。すげ~カッコいい曲ですね。って事であやや2nd購入決定ww 2人の煽りが凄かった。観てる方は壊れかけます。

⑭純潔~Only~

イントロもサビも簡単な手振りが付いてます。あっ、おいらが言う「手振り」ってのは手を振ってるだけって意味じゃなくて“手だけの振り”って意味です。簡単とは言え手振りが苦手なおいらは、サビの振り完璧に覚えるのに3公演必要でしたww

⑮涙GIRL

今度は美貴様アルバム曲を2人で。事前にセットリストを確認した時点では「この曲の為にこのライヴを観に行く」くらいの気持ちでした。美貴様ソロ曲では一番好きな曲。 で、見事にヤラレました。
すげ~~~~~~カッコよかったっす♪ おいらここで8割壊れました。

⑯.FAMILY

グッズのマフラータオルが必須アイテム。ステージの二人と一緒に振り回します。って事は、普段グッズとか買わない人の中にもこの1曲の為にタオル買った人は沢山居るはずで、「上手い商売するな~」なんて下世話なこと考えてたんです。
でも日曜夜公演でファミリー席から見た光景は圧巻!すげ~一体感。
許すww 

アンコール

⑰.・・・H

サビで手振り。ってかアップテンポで“ロミオ”っすww

⑱Thanks!

アンコール2曲目。つまり本当のラストに持ってきたのは大正解。正直言えば、煽りじゃなくて完璧な振りで観たかった気もします。が、ライヴですからね。盛り上げと言う意味では今回のセットリストに満足です。ラストってこっちも「ありがとう」な気持ちだし、正に会場一体って感じです。


って事で、本編1時間20分。アンコール含めて1時間35分くらいでしょうか?
ビックリしましたよ。いや、時間が短い事にビックリしたんじゃなくて、この短い時間で満足できたって事にビックリしたんです。
凄く中身が濃いライヴだったと思います。


って・・・ほら、ここまで書いたら眠くなってきた^^;

どんな感じで“濃かった”のかとか、グッズ何買ったとか、MCとか、
その辺は改めて次回書きまするmm

まっ、今の時点で一言言うと・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

7月1日北海道日帰り、マジで考えてるくらい凄かったって事ですww

      FC2 ハロプロblogランキングはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/06/22

明日はGAM!

「GAM 1stコンサートツアー2007初夏 ~グレイト亜弥&美貴~」

明日、明後日の愛知厚生年金会館3公演、行ってまいります。

いや~、俄然盛り上がってきました!
やっぱセットリスト・プレイリスト聴いてると高まってきますね^^

で、ふと気付いた。

25日は、あややの誕生日。
っつ~事は24の夜公演あたりは完全に「聖誕祭」の様相となる模様。
いや~、今頃気付いちゃってすみません。あややあんまり興味ないんで・・・

生誕記念Tシャツのデザインがイイんですよね~
   ☆グッズはこちら☆

買おっかなぁ~。買っちゃおっかなぁ~^^

と言う事でレポは早ければ日曜深夜にでもアップしま。
Tシャツ買ったかどうかも含めてお楽しみにww

       
   
    FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/21

GAMコンに向けて&りーちゃん2nd

先ほど遅ればせながら、セットリスト・プレイリストを作ってiPodにぶち込んだ所です。ん~、「涙girl」が楽しみ^^

土日で3公演。おいら三重県在住とはいえ愛知厚生年金会館まで車で50分位なんですが、面倒なんで土曜は名古屋泊。あそこって池下駅が凄く近いから、土曜は栄の1500円打ち切り駐車場に車置いてホテルのチェックインしてから地下鉄で行く予定。
まぁ日曜は現地まで車で行くんですが・・・・・
娘。春コンみたく会館の駐車場満車だったら・・・
またコインPで5000円弱の出費かのぉ~~~><
日曜も地下鉄で行こうかな?・・・

などと考えてるところに、またもや写真集関連のニュース。

りーちゃん2ndですってさ。
   ☆詳細はこちら☆

7月20日発売だそうな。

まっ、当然迷わず買いなんですけど・・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

さすがに早すぎませんかね?1stの感動がまだ褪めてないんですけどww


ってか・・・・友理奈はまだ出ないの?

ワニさんでも角さんでも、いっそ竹さんでも英知さんでも(そりゃ無いなww)
どこでも良いから早めにヨロ^^

ってか、ベリ&℃-ute全員、年内に写真集出しちゃえっ!ww

って全部は買わないけど^^;


   FC2 ハロプロblogランキングはこちら

       

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/20

嗣永桃子写真集「momo」

本日到着しました。

ベリーズ工房 嗣永桃子の1st写真集 「momo」


今日は先に点数発表しちゃいましょう・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    200点っ!!


ヤヴァイってこれ!!
一瞬、理性失うねww

ってか、言葉が見つからないよ^^;

ええそうですよ。ちょっと以前からこのblog読んでくださってる方はご存知だと思いますが、おいら“元 アンチ桃子”ですけど、何か?
ベリじゃ雅1推しなのに写真集65点とか言っといて、桃子は200点ってそりゃないだろ!とか自分でも思いますけどね・・・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    
   カワイイんだもん、仕方ないじゃんっ!!ww

ごめん、ホントこの作品は言葉で伝えられない。
とにかく衣装もポーズも表情も完璧桃子。

おいらどっちかって言うと満面の笑みの桃子よりクールな目線の桃子の方が好きなんです。中盤のピアノと一緒に写ってるのとか、その前のワンピースとか、もう撃沈モンですよ^^

ってか、上下白のセーラー服は反則だろww
似合い杉☆彡

と、おまけのメイキングDVDも秀作!
この写真集にこのDVD付いて本体価格2800円は破格ですっ!!

あっ、散々あおっといて何ですが、このblogにはアフェリエイト以外の画像はありませんから、見たい方は他でお探しください。


ってか・・・

買えっ!!気になったら買えっ!!

あ~、書いてるうちに一層気分が高まってきた・・・・


  で~ぃ!250点だぁぁぁ~~~~っww


   FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/19

お帰りコンコンっ!!

   ☆詳細記事はこちら☆

深く考えない。
詮索もしない。
大人の事情や計算など、どうでもいい(今は)。

  そう・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・


  あの笑顔に合えるっ!!あの勇姿を見られるっ!!


おいらはそれだけで良い。
今はその事実だけで大満足です♪

で、コンコン復帰に合わせる様にガッタス増員ですって。
まぁリトルからの昇格組みだけじゃ何のためにオーディションやったか分かんないですし。ベリキューも忙しいし、実質的なレギュラーは先輩メンバー+今回加入組が中心になるのかもしれませんね。
今、一番ホッとしてるのは茉麻かもしれないww

ん~・・・ハロコン行きたくなってきた^^
今更チケ入手は無理だろうな~。

まっ、コンコンに再会できるのは次のガッタスの試合かな?

って、いつなんだろ・・・・・・


    FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/17

美勇伝コン千秋楽参戦記

「美勇伝コンサートツアー2007初夏 美勇伝説IV~ウサギと天使~」

6月16日愛知厚生年金会館、行ってきました。

美勇伝コン初参戦です。
日ごろ”推し”が流動的に変わるおいらですがもし「ハロプロ全員から1人選べ」と言われたらやっぱ梨華ちゃんなわけで(この場合の選考基準は、あくまで“ルックス”)、そしてその部分を差し引いたとしても美勇伝は大好きなユニットなわけで。
でもなぜか過去のツアーは自分のライヴと重なったりほかの用事で予定が組めなかったりで行けなかったんです。

今回念願叶って初参戦。しかもツアー千秋楽。気分は高まります。
大阪、東京公演の評判も高かったし、期待イパーイで臨みました。

で・・・・・・

いや~、期待以上でしたよ、美勇伝!

当然ライヴDVDで過去ツアーも見てますが、構成は今回が一番好きだな。
アンコール2曲含んでも全部で20曲。で、たっぷり2時間。つまりほとんど(全曲かもしれない。記憶曖昧mm)フルコーラスって事です!!ここ、最大評価点。

「紫陽花アイ愛物語」をライヴでフルコーラス聴けた時点で、おいらの満足度80%まで上りました。まだ5曲目なのに^^
この曲、ハロプロ全楽曲内でも十指に入るくらい好きな曲です。
特に2コーラスの「やがて枯れるのなら咲き誇れ 咲いた恋もいつか散るから」ってフレーズが聴くたびにズキュンと来るんで、フルコーラス聴ける事は重要なんです。

ソロコーナーが3曲で済むってのが大きいな。娘。じゃ無理か・・・・・

ステージの作りも工夫が見られました。センターに新宿コマみたいな回り舞台を設営してあって、そこから登場するんです。ライブ途中でも み~よがソロコーナー登場で使ったりかなり効果的。本数少ないツアーの割りには凝った設営してるなぁ~って感心しました。

衣装も良かった。特にアンコールのピンクのバニー、純粋に可愛かったっす。
もしあれが「愛すクリ~ムとMyプリン」の正式な歌衣装だったら、おいらも発売時にあれほどまでの嫌悪感を感じなかったと思う。サビの振りもすこしソフトになってて(アンコールだし疲れが出てただけかもしれないけど^^)「エロ前面押し出し」じゃなかったのがイイ。美勇伝のエロさはこの程度が心地よいです。

と、照明も素晴らしかった。特に「まごころの道」は圧巻。曲の世界ととてもマッチしてて美しかったです。3人の美しさもよりいっそう引き立ててました。DVDであの雰囲気が再現されるかどうか、今から楽しみにしてます。

セットリストは

01.恋するエンジェルハート
02.キョウモマッテマス
03.曖昧ミーMIND
04.唇から愛をちょうだい
05.紫陽花アイ愛物語
06.クレナイの季節
07.カッチョイイゼ!JAPAN
08.シュワッ / 岡田唯
09.ひとりじめ / 三好絵梨香
10.ロマン / 石川梨華
11.Tea Break
12.パジャマな時間
VTR~人形劇~
13.まごころの道
14.クラクラ ディナータイム
15.恋のヌケガラ
16.美~Hit Parade~
17.一切合切 あなたに∮あ・げ・る♪
18.愛~スイートルーム~
アンコール
19.愛すクリ~ムとMyプリン
20.LET'S LIVE!

バランスいいですね~。盛り上げ系と聴かせ系の配分が絶妙。
「恋のヌケガラ」→「美~Hit Parade~」の流れとか凄い盛り上がりでした。それもその前の「まごころの道」→「クラクラ ディナータイム」で作られた“いい雰囲気”があればこそ。見事なセットリストだと思います。

と、毎度おなじみの人形劇VTR。どんどん進化してますww 
お約束の「岡田キ~ック」も「岡田ギュ~」も炸裂してます。毎度やってるのに飽きない。もしかしたら飽きた人も居るかもしれないけど、おいらは10作くらいまでは見たいw

そうそう。今回凄く感じたのが「石川梨華の進化」

ピンでのMCがあるんですが、素晴らしかったです。
どうやら8月にソロ写真集が出るそうで(また出費だよ・・・・・)その撮影でバリに行った時の話をしてくれたんですが、話の組み立てが凄く上手。オチまでの展開が完璧。思いつきで話してるんじゃなくてキチンと事前に考えて練られたMCでした。しかも自分のキャラを踏まえた上で笑いのツボも押さえてる。

今までも娘。や他のハロ系コンのMCで大笑いした事あったけど、それはその場の空気やハプニングがもたらした笑いがほとんど。昨秋娘。ツアーの美貴様&れいなMCも毎回大笑いしたけど、あれは互いのキャラの絡みがもたらす面白さ。
でも昨日の梨華ちゃんのMCには、しっかり「話し」としての面白さがありました。まぁもちろん「話芸」というほどのレベルではないけれど、なかなかあれだけのMCは出来ませんよ。

もちろんMCだけじゃなくて、ライブそのものに対して“余裕”みたいなものが出てきましたね。自分が楽しんでる部分と、ステージとして見せてる部分のバランスが上手くいってるんだろうな。で、その余裕が美勇伝というグループにも良い影響を及ぼしてた気がします。

美勇伝は「あくまで石川梨華が中心のグループ」だからこそ面白いんだと思います。それは別においらが梨華推しだから思うんじゃなくてね。実績に差があって3人横並びじゃないからこそ生まれてる絶妙のバランスが存在すると思うんですよ。だからこそ み~よも岡やんも生きてくると思ってます。
み~よや岡やんの集中力が欠けちゃう場面が偶にあっても、そこはさりげなく そしてしっかり梨華ちゃんがカバーしてるんですよね。逆に歌に関しては2人と組む事で梨華ちゃんが伸びてきてるし。ホント安定してきてますよ、梨華ちゃんの歌。

本当に良いユニットに育ってるなぁ~って思いました。

そんな感じで楽しんできたわけですが・・・・・

・・・・・実はおいら、体調最悪でした;;

当日は夜勤明けで朝8時まで仕事。なんだかんだで3時間ほどウトウトして出掛けた次第。しかも、その数日前から睡眠時間2~3時間って状態が続いてまして。
フラフラしながら現地にたどり着いたような状況で、早く座りたかったんで5時の開場と同時に入場したんですが、座ってても脂汗出てくるし吐き気もするし、ファミリー席とはいえ「これって、マジ帰ったほうが良くね?」とすら思ったんです。

んでもね、ライヴ始まっちゃったら完全復活ですよww
不思議なくらい元気でした、2時間だけ^^

何なんだこのパワーは?と。
どこから出てきたんだ、この活力は?と。

3人から貰ったんですよね、元気を。
凄いと思いました。美勇伝もおいらもww
まぁさすがに帰宅したら倒れこむように眠りにつきましたが^^;


さて、次のツアーはいつ頃でしょうか?
おいらが暇な時期に組まれる事を祈ってますww

まっ、遠征の価値があるって判ったんで名古屋無理でも行きますけど♪


   FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/14

アロハロDVD発売延期

6月20日発売予定だった
「アロハロ!2モーニング娘。DVD」
の発売日が7月11日に延期になったそうな。

   ☆オフィシャルはこちら☆

これってやっぱり美貴様脱退が関係してるのでしょうか?
してるのでしょうね。

どうなるんだろ?
「このDVDは○年○月に収録された物です」みたいなお断りが入るのかな?

それくらいならいいけど・・・・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

  美貴様にモザイクとか掛けられてたら暴れるぞっ( ゚Д゚)ゴルァ!


    FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/11

ラブハロ!亀井絵里写真集inプーケット

3月発売の写真集ですが、10日ほど前に購入しました。

「ラブハロ!亀井絵里写真集inプーケット」

えりりん写真集は(も?)全部持ってますけど、彼女の写真集ってハズレが無いですね。その時その時の亀井絵里をしっかり表現出来てると思います。

今回は「ラブハロ」ですから水着比率が高いんで、
当然スタイルチェックをしてしまうんですが・・・・・

前作に比べるとウエスト周りがかなり締まりました。でも胸は落ちてないし下半身のムッチリした感じも残ってて素晴らしい体になってます。かなり難しく努力が必要なシェイプアップだと思います。

当然ここまで素晴らしい体になると服着てても分かります。
Tシャツや制服姿もほんとに可愛いっす♪

表紙で着てる水着が後半で10ページほど出て来ますが、
こういうデザインの水着が似合うようになったら、もう“大人”ですね。
でもキャラ的にはまだまだ子供で、その辺のギャップが一番楽しい時期かな。
表情も豊かで、まさに癒しの人。

同タイトルのDVDもそのうち買います。
最近散財気味なんで・・・娘。新曲と同時期ぐらいにでも^^;

絵里推し以外にも自信を持ってお勧めできる1冊。
SO-RY的評価、105点です♪

  FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/09

GAMコン、チケ到着ぅ~~♪

「GAM 1stコンサートツアー2007初夏 ~グレイト亜弥&美貴~」

6月23、24日。愛知厚生年金会館3公演のチケが到着しました。

23(土)は今回夜公演のみ。独りで参戦です。
1階15列目、超下手寄り。

24(日)昼公演。富山より参戦のmokkaさんと同行
1階10列目、超上手寄り。

24(日)夜公演。地元名古屋で活動中のローカルアイドル2人同伴。
(ちなみにこの2人、イベントでGAMコピってて「Thanks!」歌、振り共に完璧^^)

2階1列(ファミリー席)かなり下手寄り。


ん~~~~・・・・微妙^^;
でもまぁそこそこ満足かな。
欲言うともっと後ろでもいいからセンター付近でも1回観たかったけど。

と、これまた凄いっちゃ凄いんですが・・・・

   ・

   ・

   ・


   3公演共に通路席!!

(あ、mokkaさん、通路側譲って下さいmm)

偶然とは言え、おいらホント通路席多いわ~。
娘。コン行き始めて5年。3分の1以上は通路席だと思う。
昨秋なんて6公演中、両隣に人が居たの1回だけだし。
そりゃオドリストに育つわww


GAMコンで踊りまくるって気はさらさら無いんですが、なんでも今ツアーは振りが簡単で振りマネしやすいんだそうな。美勇伝並みにタオル振る所もあるそうな。となるとやっぱ少しでも開放感欲しい^^

まぁ24夜はファミリーだから関係ないんで、むしろ女子2人を通路側に配しようかと思ってます。よりステージ中央に近い席で観てもらいたいしね。おいらにとっては3公演目でも彼女たちにとっては初見だから。

さて、か・な・り・気分が高まってきましたよ~~っ!
あと2週間。ん~待ちきれないっす♪

とか言いながら・・・・

来週末は美勇伝行くんですけど^^

美勇伝は単独参戦だけど、当日夜勤明けで多分3~4時間しか寝れないと思うんで、体力と相談してファミリー席にしました。
楽日なんですよね。盛り上がるだろうなぁ~。
ファミリーだと淋しいかなぁ~・・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

  双眼鏡持参で違う楽しみ見つけてきますww


   FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/06/08

娘。ですけど・・・・

昨日、何気にふと気付いたんですけどね、

美貴様がモーニング娘。を脱退した事で・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・
   
    ・

    ・

   モーニング娘。の1推しが居なくなっちゃいましたぁ~~~っ!!


何を今更・・・・なんですが^^;
改めて気付きました。美貴推しだったおいら (爆

いつも言ってるようにあくまで「モーニング娘。」のファンですから、まぁ大した事とは思わなかったんですよ自分でも。1推しっつっても若干、ほんの少し、微妙に、僅差での“1推し”でしたから。
でもね、2推し3押しは日替わり週替わりで入れ替わるのに、1押しだけは美貴様固定だったわけです、梨華ちゃん卒業後は。

昨日、カレーツアーのDVDを見てたんす。
で、やっぱ追ってるんですよね、無意識のうちに。
全員を見てるんだけどどこかで“核”に美貴様を置いてる。

美貴様不在の娘。を観た時、どんな見方をするんでしょうか?
自分でも少し楽しみだったりして。
これで正真正銘の「箱ヲタ」になれるって事でしょうか?ww

今後、独りで現場参戦した時に隣席の方から「誰推しですか?」って聞かれたら何て答えましょ? ここはやはり 「別に推しとか居ません。モーニング娘。を愛してます」って言い放つ事にしましょうかね。
ソロうちわとか誰買うんだろ?
メンバー別全部セットとか、もう買う事はないんだろうか・・・・

まっ、候補が居ない訳じゃないんですよ。

れいな、さゆ、えりりん・・・・・・・・

あれ? 

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  単純に6期じゃん (笑


んじゃ当分は “6期推し” って事でww


      FC2 ハロプロblogランキングはこちら


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/06

ガッタスですけど・・・・・

昨日、何気にふと気付いたんですけどね、

美貴様がモーニング娘。を脱退した事で・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・
   
    ・

    ・

ガッタスにモーニング娘。メンバーが一人も居なくなっちゃいましたっ!!


ん~・・・・・・
これはかなり淋しい事です。

ライブ本数その他を考えればハロプロ内で一番忙しいグループは当然モーニング娘。ですからね。中心選手である吉美貴がそこからほぼ同時期に“開放”された訳ですから、ガッタスの事を中心に据えて考えればポジティブ思考も出来ます。
逆に言えば、モーニング娘。は“本業”に専念できる訳で。

でもねぇ~・・・・

何が淋しいって、「ハロープロジェクトのフットサルチーム」がモーニング娘。の現メンバー抜きで成り立っちゃってる事が淋しいんですよ。上手く言えないけど、やっぱモーニング娘。はハロプロの核であり続けて欲しいんです。て考えるとハロプロ全体を対象とした企画には必ず絡んで欲しいなと。

あぁ~、来年って北京オリンピックでしたね~。
サッカー日本代表、多分男女そろって出場出来るでしょうしねぇ~・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

リンリン!ジュンジュン!

騙されたと思ってボール蹴ってみないか?ww


     FC2 ハロプロblogランキングはこちら


   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

MIYABI―夏焼雅ファーストソロ写真集

ベリーズ工房 夏焼雅 1st写真集 「MIYABI」

発売日には届いてました。が、先週末はとても雅ネタを書く気にはなれず(美貴推しだもん。当然だわな)数日遅れの読書(?)感想文です。

率直な感想・・・・・

    ・

    ・

    ・

   チョット期待ハズレ ;;

表情が乏しいな。同じ笑顔が多すぎる気がします。
ってか1冊丸々ほぼ笑顔だし。
笑顔だけで写真集として成り立つのは小松彩夏だけですって。

1st写真集だからね、本人のスキル不足って言っちゃうのはチト可愛そう。
カメラマンがもっといろんな表情を引き出してあげないと。せっかく衣装もシチュエーションも豊富に取り揃えたんだからさ。
もっと色々出来るよ、彼女は。

と、ベリでは雅1推しだからこそ言うんですが・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・


  彼女の水着姿を真正面から撮っちゃダメっ!!ww


推しなら気付いてます。彼女にはほとんどウエストが存在しない事を^^;

そりゃ愛理もウエスト無いけどさ、キャラ的に許せるじゃんww
雅はもう少し大人に撮って欲しかったなと思います。

ポージングの工夫次第なんだって、こんなの。前半にある緑色ビキニの4枚目みたいに、ほんの少しだけ捻り(ひねり)を入れるだけでウエストなんて“作れる”んだから。と、ウエストはくびれてないけどヒップは大きめで形も良いんだからさ、その辺を生かせばもっと綺麗に見せる事出来るのに。
後半の水色キャミ&茶ショートパンツのカットではこの辺が多少生かされてるんですよ。これを水着カットにも応用すべきだったな、と。

まぁ逆に言えば雅に子供らしさとか求めてる人には・・・
至極の一冊かもしれませんww

メイキングDVDも何だかねぇ~~・・・・・・・

っつ~か、やっぱおいら歌って踊ってる雅が好きなんだな。
”推し”なら雅の写真集ってだけでもっと歓ぶべきかもしれない。
“推し”じゃなくて“ファン”か? まぁいいや、んなのどっちでもww


ん~~・・・・65点です。期待しすぎたかな?


あっ、一瞬だけ何故か小松彩夏にも触れましたが^^
この写真集、凄いですよ。マジ笑顔だけの1冊。
女性タレント写真集史に残る傑作だと思いますのでよろしかったらチェックしてみて下さい。


    FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007/06/03

「アイドル」の定義って?

引退、結婚、脱退。そんなニュースが続いている中、
最近 「アイドル論」 みたいなものが多く語られてます。
テレビのワイドショーでも、blogや掲示板でも、
それぞれの立場で色んな方が「アイドル」について語ってらっしゃいます。

で・・・・

そもそも「アイドル」って何なんでしょうか?

“アイドルか否か”の線引きは何処にあるんでしょうか?

少し考えてみましょう。

「idol」を直訳すれば「人気者、偶像」だそうな。

日本の芸能界でいつ頃から使われだした言葉なのか詳しくは知りませんので以下憶測になりますが、その下地を作ったのは昭和30年代~40年代初頭頃だと思われます。

終戦によって外国の音楽が大量に流れ込んだ日本。やがてその洋楽をヒントに多くの作家陣が研究と努力を重ねた成果として“和製ポップス”が確立し、多くの国民に愛されました。ジャズやブギ、ロカビリー等のエッセンスを取り入れた国産ポップスや、歌詞を日本語に置き換えたカバー曲が街に溢れていた昭和30年代。多くの人気歌手が登場しました。

当時まだ「アイドル」という言葉は使われていませんでしたが、アイドル的存在の芸能人は多く存在しました。橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の御三家、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの三人娘、中尾ミエ、伊東ゆかり、園まりも三人娘でしたね。映画俳優ならば石原裕次郎。

そんな中でも特に今の「アイドル」の源流を作ったと思われるのは、昭和30年代中後半に驚異的な人気と集客を誇った「日劇ウエスタンカーニバル」だと思われます。
平尾正晃やミッキー・カーチスら「和製ロカビリー歌手」が中心となり、晩年はグループ・サウンズの一大祭典となったライヴイベントです。
(ちなみに「ウエスタン」という呼称は日劇の都合で付けられた物。当時格式ある劇場だった日劇が大衆音楽のライヴイベントに会場を貸す事に難色を示し、仕方なく「ウエスタン」という言葉を使ったらしい)

この「日劇ウエスタンカーニバル」が絶頂期を迎える頃、世界の音楽シーンに影響を与えたスーパーグループが来日します。

そう、「ビートルズ」です。

今でこそ偉大なるミュージシャンとして その音楽性を中心に語られるグループですが、デビュー当時は「世界的アイドル」だったんですよね。65年制作の主演映画の邦題は「HELP! 4人はアイドル」ですから。

当時グループ・サウンズと呼ばれたバンドの多くが音楽的にもルックス的にもビートルズの影響を多大に受けていた事は明らかで(と言うかその方向でプロデュースされたとしか思えないグループがほとんど)、そのグループ・サウンズの祭典である「日劇ウエスタンカーニバル」における女性ファンの熱狂ぶりと「世界的アイドル」であるビートルズの存在がリンクし、日本の芸能界でも「アイドル」という言葉を使い始めたのではないかな?と。それが定着し始めたのは昭和40年代中盤以降でしょうか。

この「日劇ウエスタンカーニバル」そしてグループ・サウンズが日本のアイドルの源流だとおいらが解釈する大きなポイントは、「女性ファンが圧倒的に多かった」という点です。ビートルズの来日公演やウエスタンカーニバルでは、興奮のあまり失神する女性ファンが沢山居たそうです。これを受けて日本の芸能関係者の多くが気付いたんですね。

「異性のファンを多く獲得した方が商業的に成功しやすい」点と、
「最初から異性のファンをターゲットとした方が戦略が練りやすい」という点に。

そんな中で「アイドル的存在」を前面に押し出して、つまり異性を意識したキャラクター作りを施してデビューする歌手が少しずつ増えてくるわけです。異性ウケを意識した楽曲とルックスで、テレビと雑誌を中心に「目で楽しむ歌手」が音楽産業の中心に据えられるようになりました。
で、増えてくると当然のようにそれが「ジャンル」「カテゴリー」に成長します。

こうして「アイドル」というジャンルが出来上がってきたんですね。
つまり他のジャンルと同様「商業的戦略」に基づいて作られたものです。

で、この「ジャンル」ってのは定義が難しいわけですよ。
ジャンルなんてのは商業的に売り手側が便宜上使ってるものですから。

音楽以外にも「ジャンル」は存在しますが分かりやすく音楽で言うと、例えば
「ロックとは?」「ソウルとは?」「テクノとは?」ってのと同じですね。

「ロックは70年代に死んだ」という人もいます。ヘヴィーメタルをロックに分類する事を嫌う人もいます。マイケルジャクソンをソウルミュージシャンと呼ぶのに抵抗を感じる人もいれば、アース・ウィンド&ファイアはソウルだと言う人もいます。最近「テクノ」と呼ばれてる音楽はおいらが昔聴いてたテクノとはかなり違いますが、25年ほど前のテクノブーム時もヒカシューや一風堂はテクノか?みたいな論議は仲間内でありましたし、シーナ&ザ・ロケッツまでをもテクノと称していた音楽雑誌もありました。

つまり、
「ロックとは何ぞや?」「ソウルミュージックとは何ぞや?」
って議論はどんなに重ねても答えは出ないんです。
定義なんて無いんです。
作ってる側(演じてる側)の多くも便宜上これらの言葉を使ってるだけです。

と同じで
「アイドルとは何ぞや?」にも答えは無いんです。

ジャンルなんてその程度のもの。受け手各々が判断すればいいんですよ。

未だに音として鮮明に覚えてるんですが、
昔、森高千里がパーソナリティーをしていたラジオ番組に
「森高さんは自分のことをアイドルだと思っていますか?」
というリスナーからの質問がありました。

彼女は「それは皆さんが決めてくれればいい。」と答えていました。

彼女らしい言葉です。その通りだと思います。

もちろんおいらも、このblogや普段の生活の中で「アイドル」と言う言葉を使います。友人知人の多くはおいらを「アイドル好き」と認知し、おいらもそれを否定しません。
ただそれはあくまで「便宜上」使ってるって事であって、当然巷で言われる「アイドル」の全てをおいらが好きってわけじゃありません。便利でしょ?ジャンルって。何とな~く大きな括り(くくり)があった方が話がしやすいでしょ? それだけの話しです。

だからそこで細かく「いや、○○はアイドルじゃない」とか言わないですよ。
もっと言えば「アイドルなんだから、こうして欲しい」とかも思わないですよ。

個々に対して思うことはありますよ。おいらが感じてるキャラクターを維持して欲しくて「何々しないで欲しいな」とか「こういう人であって欲しいな」とか。でも「アイドルだから○○しちゃいけない」とかは思わないですね。単なるジャンルで個人を縛りたくないし、評価したくないですから。

例えばのんの件で言えば「辻希美が妊娠して結婚する」という事自体が、おいら的には“おもしろい”と感じたんですよ、ファンの一人として。キャラ的に「意外とアリなんじゃね?」と。「のんらしい」とすら思いましたよ。 
で、もちろん「ありえない」と感じた人も多いとおもうんです。「辻希美の妊娠、結婚は許せない」と。それなら分かるんですよ、各個の意見ですから。でも「辻希美はアイドルだから妊娠しちゃだめ」ってのは何か違う気がするんですね。
美貴様も同様。「藤本美貴が恋愛していた事が許せない」って意見は分かるんです。でも「アイドルなんだから恋愛しちゃダメ」はど~しても理解出来ないんですよ、おいらは。

これって「テレキャスターはカントリー用に開発されたギターだからロックで使うな。ロッカーならレスポールだろが」ってな、前時代的思考だと感じるんですけどね。 例えばシーケンス一切使わないテクノバンドがあってもいいし(それをテクノと呼ぶかどうかは別として)、菅楽器なしのファンクだってアリでしょ?

そこには「ジャンルの定義」なんて曖昧な物は必要ないんですよ。
逆にその“定義”をぶち壊した方が面白い物できるっしょ。
だったら「アイドル」ってジャンルにいる子が恋愛しようと妊娠しようと、それはその個人に対して各々がどう思うかの問題であって、「アイドルとはこういうモノだ」なんてのは、おいら的にはとてもつまらない事だと思うんですけどね。

結構みんな、ジャンルで音楽聴かないですよね?あくまで曲やミュージシャンで判断するでしょ?好き嫌いを。便宜上「ロックが好きだ」「ポップスが好きだ」って言ってるだけで。
ならアイドルも同じように、個人や楽曲を評すればいいじゃないですか。
「アイドル」って括りで縛る必要ないでしょ。

「自分にとってのアイドル」に対して何を求めるかは自由。
ただ、それをアイドル(と呼ばれる人)全体に求めるのは いかがなものか?と。

おいらはアイドルが好きなわけじゃなくて「モーニング娘。」が好き。
そして各メンバーが好き。

だからもし、例えば・・・例えばですよ。
現メンバー9人全員の恋愛が今発覚したとしますよ。
その場合、当然ですがそれぞれに対する気持ちは違うわけです。

みっつぃ~、ジュンジュン、リンリンなら「そんな事しとる場合かっ!」だし
小春なら「知りたくなかった」だし、
ゴロッキーズ5人なら「今はヤバいっしょ、今は・・・・」だろし。
アイドルだから云々ってのは考えませんね。

「○○ヲタ」を自称してる人は特に、一度この辺を考えてもらいたいなと。

あなたはアイドルが好きだから、その○○を応援してるのですか?
あなたは○○の何処が好きなのですか?
それは○○だけが持ってるものじゃないんですか?

ジャンルで括ったり縛ったりするのって、
無駄だと思いませんか?

少なくともおいらは、そんな概念や定義に振り回されたくないですね。


     FC2 ハロプロblogランキングはこちら

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

美貴様 脱退

    ☆オフィシャルはこちら☆

昨夜は夜勤だったんですが、昼休み(って深夜1時ですけど)に携帯で芸能ニュースをチェックしていたヲタもだちに聞きまして。先ほど帰宅してスポーツ新聞並びにオフィシャルサイトで確認したところです。

さてと・・・・・

色々同時に考えちゃうと混乱するんで、要点を1つずつ考えてみます。

まず、美貴様がモーニング娘。から抜ける事そのものについて。

おいら1月2日に「よっすぃ~と美貴様を早く卒業させて欲しい」と書きました。で、その思いは続いてました。出来れば5月6日に2人同時に卒業して欲しかったくらいです。

ここからはその時の記事の繰り返しになる部分もありますが、

やっぱおいらの中では、美貴様は「助っ人」なんです。彼女が居る限り、5期が5期として機能しない気がしてました。そういう意味も含めて「リーダー藤本美貴」には違和感アリアリだったんです。だから一足早くよっすぃ~卒業となった5月6日以降、いや、よっすぃ~の卒業が発表された1月3日からず~っと、彼女の卒業のタイミングがいつになるのかが気になってました。

モーニング娘。における藤本美貴の役割は充分果たした、と思ってます。
だから抜ける事そのものに関しては残念でも何でもありません。
リーダーなんてやって欲しくなかったし、むしろ歓迎です。

1推しのおいらがこんな事言うのはおかしいですね。
でも、美貴様は美貴様なんです。モーニング娘。のメンバーでなくても「藤本美貴」は凄いアーティストなんです。だからこそ平気なんです、娘。でなくても。

ただ・・・・・・

脱退という形は予想外だったんで、やはりショックです。
矢口っつぁんと同様の扱いになるのか? GAMツアー終わったらしばらく歌わせてもらえなくなるのか? そのGAM自体はどうなるのか? 
普通の“卒業”と違い、ファンは余計な心配を多く抱えてしまいます。

と、今回の事務所並びに本人のコメントですが、物凄く違和感があるんです。

先週のヤンタン、さんまが矢口っつぁんの件に触れて愛ちゃんに「おぅ高橋っ!次期リーダーや~!!」と言った時、

「まだ決まってませんっ!!」と一瞬語気を強めた美貴様。

少なくともあの時点では自ら身を引くという選択は彼女の中には無かったはず。そう感じました。もちろんその後1週間に及ぶ協議の末に彼女自身が出した選択なのかもしれません。この辺は詮索しても真実を知る事は出来ませんが・・・

「辞めさせられた」って空気を強く感じます。

むしろ、
「今回の一件はGAM及び藤本美貴の今後の展開を考えての“仕掛け”で、そもそもあの記事自体が本人も事務所も納得承知の上でリンクした事。ここまでの流れは全て出来レース」
ってな”超芸能界的展開”だったのなら、それはそれで少し納得なんですが。

まぁそれは置いといて、そもそもモーニング娘。のリーダーを勤めさせながらGAMやっていくってのが難しい事だったと思いますしね。その辺を考えても脱退そのものはGAMや彼女自身にとって必ずしもネガティブにだけ作用するとは思ってません。

GAMでは大人の女性を演じてます。「メロディーズ」の歌詞、どう思いますか?
   ☆「メロディース」の歌詞はこちら☆

過去のいわゆる“アイドル歌謡”にも性をイメージさせる歌詞は沢山ありました。が、「メロディーズ」は特出。その“行為”そのものを想像させるポイントがいくつもあります。

大人の恋愛を歌わされる一方で「未成年者も在籍するグループのリーダーとしての責任」も負わされるって、そりゃキツイっしょ。無理があるでしょ。「未成年者も在籍するグループのリーダー」が「泣いてるみたいな声が出ちゃうの」とか歌っちゃイカンでしょう、UFA的思考からすれば。

「モーニング娘。のリーダー藤本美貴」が「メロディーズ」歌った時点で無理があったんです。ああいう曲を歌わせるなら、GAM立ち上げ前に娘。を卒業させてあげるべきだった。

さて、
今日明日の大阪GAMコン、どんな気持ちで挑むんでしょうか。
来週以降も続くツアー、どんな気持ちでステージに立つのでしょうか。

今夜のヤンタン、用事があって聴けません。最後かもしれませんね。
ドキミキも終わっちゃうのかな?ソロ時代から続いてる放送だもんね。少なくとも次の改編まではしっかり続けて欲しいです。

そう・・・・・

美貴様がモーニング娘。を脱退した事より、今後の彼女の動向が気がかり。

「面倒臭くなっちゃったんで、芸能界辞めます」とか言い出さないか、凄く心配。

本当に歌上手いから。本当にダンス上手いから。そして美しいから。
真剣に思います。逸材なんです彼女。絶対に埋もれちゃいけない。
このまま尻すぼみになっちゃうのは、絶対勿体無いし悲しい。

GAMでもソロでも良い。絶対にステージに立ち続けて欲しい。
現時点、それだけを強く望みます。


さて、一方モーニング娘。ですが・・・

全く心配してません。
むしろおいらは「真の新生モーニング娘。」を見られる喜びさえ感じてます。

凄い事になる。きっと凄いモーニング娘。に会える。
そう信じてます。

最近やたらと報道されてる「スキャンダル塗れ(まみれ)」みたいなイメージは、みんなの単なる勘違い。だってさ、10年に渡って20人以上の女の子が在籍してきたグループだよ。恋愛騒動や結婚があって普通でしょ? 
メンバーの恋愛や結婚がきっかけで解散したグループも沢山ある。10年も続いた「女性アイドルグループ」が過去に存在しなかったってだけの事。そこに気付けばなんでも無い事です。

少なくともおいらは、そんな事に惑わされない。
パフォーマンス集団としてのモーニング娘。を存分に楽しみます。


もちろん美貴様もね。おいらはいつまでも藤本美貴のファンです。

そしてモーニング娘。を愛し続けます。


    FC2 ハロプロblogランキングはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/01

新垣里沙写真集「一瞬」

娘。の新曲に関するアナウンスがない、とボヤいた直後にリリース情報。
タイムリーと言うか間が悪いと言うか・・・・・

さ、気を取り直して(?)またまた写真集記事でございます。

   新垣里沙3rd写真集 「一瞬」

昨日届きました。

いやね、もう・・・・・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

  ヤヴァイですって、これっ!!


SO-RY的には、ハロ系写真集全作品中でも BEST5に入りますね。

スキが無い。どのページが良いとかそんなんじゃなくて、ぜ~んぶ良い。
正直言えば、水着比率が高いってのも高評価ポイント。でも単に水着が多いから高評価って訳じゃないの。「今の新垣里沙」の水着姿が沢山見られるってのがポイント高いんです。

見様によっては舞美より幼い体。一歩間違うと「幼児体型」。
でも違うんだよなぁ~、このバランスは。

絶妙に「女」です。

元々彼女は、デビュー後2~3年見せてたような「お子様キャラ」の人ではないのよね。意外としっかりしてて、しかも色気もある「大人の女性」。ふとした時に見せる大人の女の表情ってのをデビュー当時から持ってた人です。
やっと体が追い付いて来たって感じでしょうか。

表情も実に良い。いつも思うけど、鼻のホクロが色っぽい。 と、水着を含めた衣装の選択が凄く良いです。ガキさんのキャラクターを存分に生かしてます。

表紙のアップ、そして背表紙のビキニの面積の狭さを考えると、モー及びハロヲタ以外にも結構アピール出来てるでしょうし、買って欲しい、売れて欲しい写真集です。

  とりあえず、新垣里紗を知ってくれっ!!、と。

おいら、10人体制新モーニング娘。のキーマンは、あらゆる部分でガキさんだと思ってます。グループとして10人をまとめる為には、彼女の存在は重要なポイントでしょう。実質的にリーダーと言っても過言ではない。 
もちろん音楽的にも新体制の柱だと思ってます(まぁ既にここ3年くらい柱になってると思いますが)。美貴様&愛ちゃんが土台。そこに1本しっかりとした柱が立って、初めて全員が安心して歌って踊れる。その柱はガキさんだと思ってます。

あの声は芸術品。
「色っぽい じれったい」の“♪気取ってる午後も~♪”は至極の1フレーズ。

そこに、この写真集で魅せたルックス。

ん~・・・・大満足の1冊。

  素直に100点です^^


    

    FC2 ハロプロblogランキングはこちら


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »