« GAMコン参戦記 | トップページ | 改めて「GAM」について考える »

2007/06/25

GAMコン参戦記 其の弐

さて、前記事の続きです。
今日は全体通した感想とか、そんなものを。

今ツアーは当然のように1stアルバムの曲を中心に置いた構成。
で、そのアルバムがインパクトと言う点では若干の物足り無さを感じた出来だったので、正直ツアーにもそれほど期待できずにいました。その時の記事には「ライブが楽しみになりました~」とか書いてますけど、実は不安でしたね^^;

☆アルバム感想記事☆

が、その予想は見事に裏切られた訳ですよ、2人のステージによって。

アルバムのインパクトが薄かったという事は、逆に言うとそれだけ素直な作りの曲が多いって事だと思うんです。改めて聴きなおしてみると、アレンジも音数が少なくてシンプルな曲が多い。

オケ自体がシンプルなのでイコライジングが楽だったのか、ライヴも凄く良い音でした(2日目夜はファミリー席で観たんですが、2階のほうが良い音でした)。娘。コンでよくあるような所々ポイントで不安定になっちゃう事も無かったし、2人も凄く歌いやすそうだった。って事は、装飾音がぶつかり合う事も無く、レコーディング時点で必要以上のエフェクトが掛かってることも無く、コードの選択も比較的素直だって事だと思います。
(この辺は理論的な話になっちゃいますが、CD等で家庭で聞く場合全く問題無いのに、コンサートホールのPAで大音量再生すると不安定になるって現象があるんです)

で、曲そのものがシンプルな分、2人のパフォーマンスが凄く生きたステージだったなと。とにかく2人の歌が凄い。声が凄い。「蜃気楼ロマンス」や「愛の船」や「ここでキスして」でじっくり聴かせてくれます。声のハリとツヤが凄い。

で、2人の声の混ざり具合がライヴだと余計に気持ちいい。
美貴様の声ってマットないわゆる「こもり声」なんだけど、あややの声も少し鼻にかかってて真正のクリアじゃないから部類的には似た部分を持ってる声質。で、それぞれが得意としてる音域が微妙に違うんで、一緒にユニゾンで歌ってても喧嘩しないでパートごとに自然にどっちかが前に出たり後ろに下がったり、時には見事に混ざり合ったり。
聴いてて凄く気持ちよかったです。

ダンスもカッコ良かったし可愛かった。振り付けも面白い事やってるし意外と作り込まれた感がありました。見せる部分と客席との一体感を求める手振り部分のバランスも良かったと思います。「愛情オアシス」と「・・・H」はDVDが発売されたら完コピしますww

と、お互いに足りない部分を補なうという2人ユニットに欠かせない部分もしっかり出来てましたね。簡単に言えば冷静に見て、歌に関しての基本的スキルはあややの方が一枚上手。一方ダンスに関しては美貴様一歩リード。それがステージ上で見事にバランス取れてるんですね。
決してあややのダンスが下手なわけじゃなく、もちろん美貴様の歌が下手なわけもなく、高いレベルにある2人がお互い「チョットだけ足りない部分」をお互いにサポートしてるという、ユニットとして非常に良い関係にあると思いました。

ライヴの帰り道も車内でセットリスト・プレイリスト聴きながら帰ったんですが、アルバム曲の印象が全く変りました。これは他のハロ曲でも良くある事。脳内でライヴ映像が再生されるし興奮の余韻もあるし^^。でも娘。春ツアー後に「SEXY 8 BEAT」のイメージが良い方向に変ったか?って~と、そうならなかった。
今回のGAMに関してはライヴを観て「このアルバムはこう聴くんだよ。ここが面白いところなんだよ」って教えられた気がします。

ライヴ構成で面白かったのが、ソロコーナーではそれぞれが参加した別ユニットの曲を歌い、それぞれのソロ曲はライヴ後半に2人で歌ったってところ。

GAMって現時点では微妙なバランスのユニットだと思います。
パフォーマンス面じゃなくて“存在”としてね。
そう。“ユニット”なんですよね、“グループ”じゃなくて。

やはりあくまで「松浦亜弥と藤本美貴のユニット」としてファンも認識してる。客席も現段階ではそれぞれの推しが混在してるってだけで「ただ単にGAMが好き」って人はまだまだ少ない気がしました。だからそれぞれのPPPHで音量(声量?)差が生じたり、終演後の最高コールが中途半端になったりしたんだと思うんです。

そんな状況で普通にソロコーナーで自分のソロ曲を歌ったら、それに拍車を掛ける事になるだろうなと。別にそれが悪いとは思わないけど、あくまで「GAMのライヴ」にしようと思うと、それは邪魔だろなと。
逆にそれぞれのソロ曲、しかもアルバム曲を2人で歌う事で双方の推しに対して
「ね?邪魔にならないでしょ?」みたいなのを認識させたかったのかな、と。
実際、あややが入った「涙GIRL」も凄かったしね。

振り付けに関して言えば、Winkみたいにもっと2人が絡んで“2人だから出来る振り”ってのも見たかった気はします。基本的には同じ振りを踊ってるだけとか、歌担当とダンス担当がメロ途中で入れ替わるだけってのが多かったし。
時間を掛けてその辺が出来てくると、もう少し“グループ”らしく見えてくるかもしれません。が、もしかしたら そんなことは狙ってないかもしれませんしね。“ユニット”のままで良いのかもしれない。

“個”が強い2人だから、それを無理やりまとめる必要は無いかな?
ってか、無理かもねww
ただ、いつの日か自然に全公演の終演後に「GAM最高!」のコールがされる日が来るといいなぁ~って思ってます。

さてここでいきなり話を変えて、MCの話でもしましょうか。

3公演の中で面白かったのが日曜昼公演のMC。
前日公演後の話をしてくれました。

スタッフ一同との打ち上げの席。
2人とも大人ですしね、気持ちよく酒も進んだそうで楽しくやってたそうです。
で、あややがふと気付くと隣に座ってた美貴様が消えたと。
「何処行ったんだ~?」と思ってたらお店の明かりが消えたんだそうな。
「ハァ?まだ酒呑んでるのにぃ~~~」って不満顔のあややだったそうですが、

次の瞬間、
巨大なバースデーケーキを持った美貴様が登場したそうな!!

で、余程嬉しかったのか只の酔っ払いと化していたのか、
何を思ったかあややは何と!!そのケーキに顔突っ込んだんだと(爆

   コントかよっ!!

で、美貴様も強引に同じ目に合わされたんだとww
嫌がる美貴様の顔が目に浮かぶ^^

結局その場に居合わせたスタッフ全員、ケーキに顔突っ込んだそうな。
で、普通にそのケーキをみんなで食べたんだとww

     おいらも食いてぇ~~~~!!


その後ホテルに戻る途中にコンビニで酒やら何やら買いこんで、
スタッフの部屋で2次会(?)。トランプ大会やったそうな。
で、そろそろ寝ましょうって話しで部屋に戻ったあやや。
と、すぐに携帯が鳴ったんだって。

そう。想像通り美貴様ですww

「ねぇ~、なにしてんの~~~?」って・・・・


   さっきまで一緒に居たっしょ~~~っ?!

とツッコミながら電話で話すのが面倒だったのか、
あややが美貴様を部屋に招いたんだそうな。
美貴様、部屋移動レベルで荷物持って来たんだとww

結局寝たのが明け方4時とか5時とか。
まぁ前日同会場なんでリハは簡単なサウンドチェックだけだろうから
5~6時間は寝たのかもしれないけど、それで2ステージやれっるって・・・・
若さですね^^;

さて、今回のグッズ購入。

以前「最近グッズ欲が薄れてきた」と書きましたが・・・・・・・・

    ・

    ・

    ・

    ・
   
    ・

   すみません。大嘘つきですww


GAM DVD PAMPHLET
GAM B2ポスター
コレクションピンナップポスター (×5)
マフラータオル
松浦亜弥プロデュースバースデー記念Tシャツ
ツアーTシャツ
メンバープロデュースソロTシャツ 藤本美貴
日替り四つ切り生写真セット 台紙付き 藤本美貴
ソロ生写真5枚セット 藤本美貴 (A,B)
ソロライブ生写真4枚セット 藤本美貴 (A,B、C)
ソロメタリック生写真5枚セット 藤本美貴 (A,B)
ソロ2L生写真2枚セット 藤本美貴

〆て・・・・・・22500円(爆

メンバー別全部セット超えてしまったww
いや今回はですね、藤本美貴の偉大さと必要性をUFAに知らしめようと・・・

あい。いい訳です。欲しかっただけでつ^^;
満たされましたw

ところで・・・
今回のライヴで気になったのは、美貴様ちょっと痩せたかな?って事。
心労かな?あややと一緒だからそう見えたのかな?
(いや、あややもとても細いんだけど、骨格の関係なのか顔の形なのか彼女って着膨れするのよね。衣装によっては丸く見えちゃう)
体だけは気をつけて欲しいな。

さてさて、先ほどチョット調べましたが・・・・・

北海道日帰りはかなり難しい事が判明しましたww
まぁ今回は素直に3公演で満足しておきます。
次回ツアーは可能な限り遠征決行決定。
って、美勇伝も次回は遠征する気マンマンだったよな・・・・・・・

あくまで娘。が1番。ここは大事にしたいと思っております。
(いやいや、もっと大事な「実生活」って奴を忘れてましたww)

まっ、とにかく大満足の2日間3公演でした。
明日からのZeppツアー。平日が絡んでる事もあってまだチケットあるみたいです。
GAMや2人個々やハロプロに興味が無い方にも是非足を運んで欲しいライヴだと思います。

2ndアルバム発売まで待てない!
秋にでも次ツアーお願いします^^


     FC2 ハロプロblogランキングはこちら

|

« GAMコン参戦記 | トップページ | 改めて「GAM」について考える »

コメント

昨日はお疲れ様でした。
短い時間でしたが楽しかったです。

>北海道日帰りはかなり難しい事が判明しました
ってことは不可能じゃないんですねww
決行してほしいなぁ
美貴様凱旋コンってやつですよ!
いきたくなってきたっしょ!
とか言ってみる。

投稿: mokka | 2007/06/25 23:48

>mokkaさん

お疲れさまでしたぁ~~~っ!

>ってことは不可能じゃないんですねww

昼公演のみで帰れば何とかその日のうちに帰宅できそうです。
でもほら、昼のみ遠征の淋しさは良くご存知でしょ?^^;
おいらも横アリ昼のみ日帰り経験ありますけど・・・

ちなみに正規料金だと往復7万以上掛かります(爆
娘。秋コンに備えますわww

投稿: SO-RY | 2007/06/26 08:31

遅くなりましたが、ライブおつかれさまでした♪

SO-RYさんもライブ見て、アルバムの良さを教えられた感じですね?

わたくしも同じ意見でして、あえてシンプルな曲にすることで、ふたりの魅力でもって曲が命を吹き込まれた、と思ってます。
そういう意味では「真のライブ」だったな~と。

今年はベリーズや℃-uteのライブも楽しかったですけど、それらとは方向性が全然違ってて、かぶってないのもいいですね。

今回のライブでは亜弥さんのファンと美貴さんのファンが集まった感じで、「GAMファン」は少なかったと思います。
このライブで「GAM」のファンが増えるといいですよね♪

投稿: ねこぽく | 2007/07/01 14:13

>ねこぽくさん

>命を吹き込まれた

そそ!その表現です!!正にそれ。
昔、米米のライブに通ってた頃「CDはライブの教材」って考えてました。今回のアルバムはそれに近いと思いました。

>「GAM」のファンが増えるといいですよね♪

そそ!それが一番言いたかったんですっ!
GAMの凄さを沢山の人に伝えたい。1+1が3以上になる凄さを。
シングル、アルバム、そしてライヴ。
次作への期待度は娘。以上かもしれません (あ

投稿: SO-RY | 2007/07/01 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GAMコン参戦記 其の弐:

« GAMコン参戦記 | トップページ | 改めて「GAM」について考える »