« 「LOVEマシーン」から8年 | トップページ | シングルV「鳴り始めた恋のBELL」 »

2007/09/11

ひたすら℃-uteを見る日々

少し前にも書きましたが、ちょいと訳あって最近℃-uteの
「大きな愛でもてなして」の振り付けを覚えております。
まぁ他にも4~5曲同時進行なんですけど。

人前で踊るんですよ。多分コーラスもやる事になります。
小さいお店で、多分お客さんは数十人だと思うんですけどね、お客さんの人数は関係ありませんから。やるからには、しっかりやりたいですもんね。

メンバーは3人。現時点では各自それぞれが覚えてるところですが、あわせる段階になれば細部はおいらがレッスンする事になるかも。
もしステージング的に完コピで踊るのが無理だとしても、どこをどの程度簡略化するかはまだ未定だし、となれば現時点では完璧に覚えておきたい訳です。そう、手先指先までしっかり。

この曲、PVだと振り付け覚えられないんですよね~、リップシンク多くて。まぁPVってそんなもんだし、このリップシンク多用のPVは愛理推しのおいらにとって、それはそれで大事なものな訳ですが。

て事で去年8月放送のハロモニのスタジオライブを繰り返し見ております。 

メグ・・・・・・・

いやいや、今は振りに集中しなければ。

で、何度も何度も、ホントに何度も何度も・・・・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・


  てめぇら、動きすぎだァ《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァァア!!!!!

なんちゅ~フォーメーションチェンジだっ!!

8人で踊ってるのを3人体制にアレンジするために全員の動きをそれぞれ全パターン覚えているのだが、とにかく追えない。
当然カメラワークの問題もあるけど、ほんと~に移動が細かいのだよね。

いや、以前から気付いていたし、ここにも書いた事がある。
娘。もベリも℃-uteも、メンバー個々の振り付けの面白さはもちろんだけど、多くの曲における“ハロ系振り付け”の醍醐味は、この目まぐるしいフォーメーションチェンジだと言う事を。
が、全員の動きを細部まで真剣に覚えようとして、改めて思いました。

全ての動きに意味が有り、全ての動きが効果的。
激しく動いてるけど無駄が無い。

そして何より、「先ずは“曲”ありき」である事。
曲そのものがとても大事にされている振り付け。
やっぱハロのコレオグラファーって天才だな。

いわゆる“和製R&B”の皆さんの方が難しいダンスに見えるっしょ?
ヒップホップ系の派手なダンスの方が難しそうでしょ?

まぁ個々の振りはそうかもしれない。でもね、あの手のダンスってスタンダードなパターンが沢山あって、基本的にはそれの組み合わせなのね。個々がしっかり踊れて覚えてしまえば、数人で合わせるのも比較的短時間で出来ます。それに曲、特に詞の内容までを表現できてるダンスは最近少ないし。

でも、ハロは違う。
アレンジの細かな音、そして曲の世界観までもしっかりダンスで表現出来てる。
素晴らしいですよ、本当に。


て・・・・


感心してる場合じゃなかったですね、はい。

1日20回くらい見なきゃダメだな、こりゃ^^;


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

|

« 「LOVEマシーン」から8年 | トップページ | シングルV「鳴り始めた恋のBELL」 »

コメント

『大きな愛でもてなして』は曲調もダンスの振りも好きな1曲ですね。

SO-RYさんの最近の記事を見て自分もハロプロライブの映像を持っていたので見ましたが…確かにこの曲の動きはハンパないっすね。
しかも3人でやられるんですよね…凄すぎます!!
本番、観てみたいですが…場所的に無理ですので(笑)遠く川崎の地から応援してます!!p(^^)q


余談ですが『大きな愛~』のPVラストの愛理ワンショット、愛理は自分も好きなので問題ないのですがこの曲に関しては振りの最後のキメポーズがホントに可愛いらしいので引きの全体でも良いなぁ~と思ってしまったりもします(笑)

投稿: 陰陽 | 2007/09/11 23:13

>陰陽さん

スペースの関係でフォーメーションチェンジは出来そうに無いんで、
スタンドマイク使用隊形でのアレンジを思案中なんです。
だから移動自体は覚える必要ないんですけど、とにかく一人に集中できないんで覚えるのが大変^^;
応援コメントも頂いたので、真剣に頑張りまっす♪

PVは・・・あれで良いんです(爆
(ヤヴァイっす。昨日夢に愛理出てきたww)

投稿: SO-RY | 2007/09/12 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら℃-uteを見る日々:

« 「LOVEマシーン」から8年 | トップページ | シングルV「鳴り始めた恋のBELL」 »