« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/29

改めて、美勇伝解散を考える

いや、考えてもど~しよ~もない事は解ってるんです。
憶測、推測、詮索を重ねたところで真実にはたどり着けず、
たとえ真実が分かったところで、美勇伝解散は既に決定事項。

でもね・・・・・自分なりに気持ちの整理がしたいんです。
少しでも納得して、解散の日を迎えたいんです。
そんな思いで書かせてください。

解散理由を数パターン考えてみました


① オフィシャルコメントの額面通り

オフィシャルコメントはこちら

3年半の活動で培った経験を、次のステップへ生かしたい。
要約するとそんな感じでしょうか?

この通りであれば“次のステップ”には美勇伝での3人以上のモノを期待して良いのですよね? 期待はしてますけど・・・
美勇伝を継続する以上の“何か”は生まれるのでしょうか?

あと2~3年続けていれば、今のメロンのような存在になれた気がするんです。メディア露出は少なくてもライブでしっかり固定客が掴める。掴まれた客は簡単に離れない。そんなユニットに育ったと思うんです。
それを捨ててでも進みたい次なるステップ・・・・
期待していいんでしょうか?

3人ともがハローに残ることでメンバーそれぞれの「推し」は少しは救われた気になれるかもしれません。が、「美勇伝のファン」には残念しか残りません。
それを承知で解散してまでも進む、次のステップ・・・・・

見えないんです。


② 新曲に誰かがキレた

新曲発売が延期された後の解散発表。そこからの憶測。

「愛すクリ~ムとMyプリン」や 「一切合切 あなたにあ・げ・る♪」
の衣装&振り付け。 「じゃじゃ馬パラダイス」も同様。
(「じゃじゃ馬~」は楽曲的にも陳腐だとおいらは思ってます)

この辺りに拒絶反応を示したのは一部のファンだけでは無いはず。
メンバー内に嫌々やってた人が居ても全く不思議ではない。

で、新曲も同路線だったと。
こりゃもう一杯一杯ですと。続けられませんと。

「紫陽花アイ愛物語」みたいな名曲もあるのに、
「恋するエンジェルハート」も凄くライブで盛り上がるのに、
なんで訳の分からん路線変更を繰り返すんだと。

ここにキレたメンバーが居たかもしれない。
もしかしたら全員とか。これ同感。納得してしまう。


③ 三好が疲れた

梨華ちんと同年齢のみ~よ。
が、あくまで先輩でリーダーでもある石川さんには頭が上がらない。
どんなに仲良くなっても、その垣根が外れる事は無い。

この状況がこれからもず~っと続くんだ・・・・・・
なんか・・・疲れちゃったな、このユニット・・・・・
私も横並びとかソロで新しい事やってみたいなぁ~。
あたし、歌一番上手いじゃん。スタイルだって悪くないじゃん。
なのに唯ちゃんばっか胸で目立ってさ、
音程危うい石川さんが一番人気って・・・・

ま、そこまでプロ意識が低いとは思えないんで、あくまで妄想でつ

④ 岡田が何かやらかした

オフィシャルコメントの「岡田唯が20才を迎えたこのタイミングで~」
に違和感。
ユニットの解散に、歳とか関係ないじゃん。

何か分からない。
ただ、唯たんのコメントには何処か“お別れ”のニュアンスが漂う。
解散後、寂しい報告がない事を祈るのみ。


⑤ 梨華が何かやらかした

ま、これは無いかな。あったら美勇伝解散だけで済まない気もするし。


⑥ 音楽ガッタスとの兼ね合い

これ、おいら的には一番それらしい理由だと思ってるんですが。

CDのリリースペースやハロコンで見せたライブパフォーマンスの高さから
「音楽ガッタス、来てるな~」を感じます。

オリンピック・イヤーでもある今年、何かとスポーツ絡みでメディア露出も増えるかも。現時点で知名度バツグンの里田まいちんも在籍。ブレイクとまで行かなくても、充分な結果を残せそうなユニット。

結果、梨華ちゃんは音楽ガッタスに専念してもらおうと。

それなりの試合数をこなし、フットサルチームとしての実績を残す事も重要。一方で「音楽ガッタス」としてのメディア露出も大事にしたい。
それを可能にする為の策が、昨年のメンバー大増員だったはず。

確かに今のメンバー数を考えれば、音楽ガッタス以外のメンバーが中心になってサルの試合こなしていくことは充分に可能。
が、やはり「ガッタス・ブリリャンチスH・P」あっての「音楽ガッタス」。
「音楽ガッタス」あっての「ガッタス・ブリリャンチスH・P」。

試合にも出て、音楽ガッタスもユニットとして本格的に活動。
そうなれば、他のグループでの活動までを継続するのはとても大変。
ユニット掛け持ちは梨華ちゃんの得意とする所ではありますが、
もうそんなに若く無いし
メンバーの体調管理云々を色々言われ続けたこともあって、
事務所的にも極度の多忙は避けたいところなのかもかも。

そして、イメージの問題も。
「美勇伝の石川梨華」なのか「音楽ガッタスの石川梨華」なのか。

娘。デビュー10周年絡みでメディアに出た時、
「今は美勇伝で頑張ってます」なのか
「今は音楽ガッタスで頑張ってます」なのか。
ヲタ的には併用してもらって全く問題無いんだけど、世間的にこの辺の些細な事がイメージ統一にとって大事だったりするし。

でも、こう考えると現時点では他の2人は犠牲者だよね・・・・・

とまぁ、色々考えても結局は残念て結論なんですけど。

振り返れば、後半もっと音楽的な部分で勝負して欲しかったな。
露出を売りにしたライヴDVDとか要らなかった。
コスプレチックな衣装も、妄想掻き立てる振り付けも必要なかった。

1stアルバム良かったから2ndも期待してたのに。
アルバムだけじゃ無くて、もっともっと今後に期待してたのに。

ラストツアー、時期的に行けるかどうか微妙。
6月は忙しいんで、7月後半にずれ込むことに期待。
出来れば観たいっす、最期の勇姿。

とりあえずあと半年。
美勇伝説を締めくくるべく、突っ走って下さい。

最後の最後まで応援してます。


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジャーデビュー10周年

横アリ・レポが1日遅れた分、こちらも1日遅れで。

モーニング娘。メジャーデビュー10周年。
おめでとう! と言うより、ありがとう。

35枚のシングル。8枚のフルアルバム。1枚のミニアルバム。
ベスト盤やFC限定シングルを含めた沢山の楽曲たちで綴られた10年。

そのデビュー10周年の記念すべき’08春ツアーは

「モーニング娘。コンサートツアー2008春 ~シングル大全集!!~」

シングル全曲やるそうなw

超ショートバージョンもあるだろう。メドレー処理も多発するだろう。
が、とにかく35曲やるそうな。
ってか、新曲出るから36曲だろな。

まぁ、発売順なんて単純なセットリストにはならないだろうけど、
どっちにしてもプレイリスト作るのは楽そうだ。

どうせ曲が分かってるんだから、ついでに
「セットリスト曲順当てクイズ」とかオフィシャルでやらんかな?ww
つんく♂が参考にしたりして (爆


なにはともあれ、今後も楽しませていただきます♪


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/28

合同ハロコン・レポ

Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード '08~


27日、昼公演のみ行ってきました。
座席はスタンド席かなり後方。下手側。ファミリー席。
双眼鏡必須。


寒かったなぁ~、横浜。
ま、全国的に寒かったんだろうけど。
やっぱジーンズの下にタイツ履いてけばよかった・・・・・

さてと、
さっそくセットリスト


01.LOVEマシーン(ハロプロエッグ→全員)
02.青空がいつまでも続くような未来であれ!(℃-ute以外)
03.LALALA幸せの歌 (℃-ute)
04.付き合ってるのに片想い(Berryz工房)
05.じゃじゃ馬パラダイス(美勇伝)
06.相愛太鼓(前田有紀)
07.16歳の恋なんて(安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute))
08.お願い魅惑のターゲット(メロン記念日、モーニング娘。)
09.やったろうぜ!(音楽ガッタス、ハロプロエッグ)
10.チャンス!(月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)ハロプロエッグ)
11.青春!LOVEランチ(アテナ&ロビケロッツ)
12.I Know(松浦亜弥、高橋・亀井・道重・田中・ジュンジュン・リンリン・三好・岡田・メロン記念日)
13.だんな様(中澤裕子)
14.息を重ねましょう(安倍なつみ)
15.みかん(モーニング娘。)
16.恋愛ライダー(Buono!)
17.印象派ルノアールのように(稲葉・アヤカ・里田・前田)
18.乙女の心理学(保田・矢口)
19.友情~心のブスにはならねぇ!~(ワンダフルハーツ)
20.都会っ子 純情(℃-ute)
21.スッペシャルジェネレーション(Berryz工房)
22.鳴り始めた恋のBell(音楽ガッタス、Berryz工房・℃-ute)
23.Yeah!めっちゃホリディ 松浦亜弥、音楽ガッタス・Berryz工房・℃-ute
24.ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。 モーニング娘。
25.ボン キュッ! ボン キュッ! BOMB GIRL モーニング娘。Berryz工房・℃-ute
26.恋するエンジェルハート(美勇伝・ワンダフルハーツ・ハロプロエッグ→&エルダークラブ)
27.恋愛レボリューション21(全員)
28.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!(全員)


曲数多いし、出演者多いし、細かなレポはお手上げw

主だったところ(あくまで私的に)を中心にいくつか書きます。


☆ 1曲目のラブマ。
回廊ステージおいらの目の前(ってかなり距離はありますが)は小春。
双眼鏡駆使してガン見。もう釘付け。
ごめん、他のメンバー本当に見てない。現時点、確実に2推し。
ジュンジュンごめん。亀抜きも時間の問題か?・・・・・・・

☆ ℃-uteは舞美と愛理しか観てません。
でもね、メインステージで歌ってるときは、双眼鏡で見てても全員がフレームに納まるの(千奈美に8倍レンズ)。娘。だとはみ出る。かなり固まり感のあるフォーメーションなんだなと。この辺も℃-ute特有の一体感を生み出してる要因なのかなと。

☆ ベリは全員しっかりチェック。やっぱ雅のダンスの美しさは別格。
ルックス的には友理奈&りしゃこなんですが・・・・・・・
友理奈、身長が高いのが自分でイヤなんかな?バックダンサーの時は感じないんだけど、肝心のベリの時に振りが小さい。舞美や梅さんの吹っ切れた部分を見習って欲しい。

りしゃこ、美しいのは分かってるから、とにかくダンス頑張れ!


☆ 美勇伝、やっぱ寂しい。純粋に楽しめなかった。
色んな思いが過ぎる。
この件については、後日別記事で。


☆ ゆきどん、横浜アリーナであれだけの手拍子と掛け声をもらえる数少ない演歌歌手。凄く歌が上手くなってる。曲も良い。もっと売れていいのになぁ~。


☆ 10歳差凸凹コンビ。良い。すご~~~~く良い♪
言葉は要らない。DVD買うべし。


☆ メロン、相変わらず凄げぇ~。
ハロコンで観るたびに思う。単独ライブ行きたいなぁ~って。

が・・・・・体力的に自信が^^;


☆ 音楽ガッタスもライブパフォーマンスに凄みがありますね。
ま、9割がた武藤見てたんですが・・・・・・・・・


可愛すぎ♪♪


どの曲かのバックダンサーで下手サブステージで梨華ちんと2人で踊ってた時は、おいら的には神が舞い降りた時間ww
他人の曲だと振りが怪しいところが美貴と被る^^;
完全に音楽ガッタス1推しは武藤でケテーイ☆

2月の名古屋、昼公演しかチケ持ってないけど夜も行く。
決めた。絶対チケ入手する。
武藤に会いに行く。
(おぃ、梨華推しだろが!・・・てツッコミは、糞DDには無意味ww)


☆ あやや、凄みが増してる。彼女のステージングは芸術の領域。
隙の無さと集中力は天下一品。
何が凄いって・・・・・

CD1枚しか持ってなくて単独コンにも行った事がない人間に、
ここまで言わせる彼女の存在が凄いw
今年は行きたいっす。ファミ席でじっくり研究したい。


☆ 裕ちゃん、素直に可愛い。
恋レボの時、彼女だけ観てました。本当に彼女だけを追いかけました。
前に娘。No.1楽曲は恋レボって書いたとき、色んな思いが交錯しての1位って書きましたけど、中澤裕子在籍ラストシングルって部分がデカイんです。
彼女の可愛さを理解出来る、自分の年齢と人生に感謝w


☆ 「恋愛ライダー」。おいら「ホントのじぶん」よりサウンド的に好き。
愛理+ショートパンツのコラボはヤヴァイ。他に目が行かない。
とか言いながら・・・・・・

桃子、太った?


☆ 「乙女の心理学」がここで聴けるとは!! 
そう。10年記念隊名古屋公演ではごっちんリタイアの為カットされた曲。
しかも矢口っつあん&圭ちゃんで聴けるとは!! 
至福の時間。


☆ 「友情~心のブスにはならねぇ!~」にも感激っ! 
現娘。単体でやるのはチト違う気がするんで、ワンダ全員でやったのは正解だと思います。


☆ そして、モーニング娘。

どのユニットより、どのソロより、歓声が大きかった事に何故か一安心。
やっぱね、娘。なんです。モーニング娘。なんです。
貫禄ってんですかね? やっぱパフォーマンスのレベルが他のユニットとは違います。細かい部分、僅差なんですけどね、その部分は今後も埋まらないだろうなと。

ま、5期二人が、もし今同時に抜けたら・・・・・・・
半年くらいは危ういとも思いますが。

それにしても、やっぱ「みかん」は名曲だなぁ~。
マジで高鳴るんですよ、心臓が。
マジで溢れそうになるんですよ、涙が。

弱ってるんですかね?おいらww


  ☆総括☆


やはり横浜アリーナは音が良い。

そして・・・・・・

   ・

   ・

   ・

  ファミリー席にしたことを大後悔ww

いや、昨年とかのパターンを期待してたわけですよ。回廊ステージ間際がファミ席って設定を。確かに3列くらいは回廊近くにありましたが、基本スタンドなんですよ今回は。
知ってりゃ一般席にしたのにねぇ~。
このセットリスト座って観るのはツライよねぇ~。

ま、後席は後席の楽しみもあるし、それなりに満足はしております。
やっぱおいらにとってハロコンは、あまり単独コンに行けない(行く気が無い)ユニットやソロ連の成長を楽しむ場でもあるので、座ってゆっくり観るのも捨てがたいんです。

来年、考えちゃうなぁ~・・・・・・・


あ、2公演行けばいいのかww


最後になりましたが、
現場で交流いただいた皆様、ありがとうございました♪
最年長なのに一番はしゃいでましたね、おいらww

ま・・・・・反省してませんけど(爆

これに懲りず、今後ともヨロシクお願いします☆


  さ~て・・・・

   ・

   ・

   ・


  やっと今年が始まった気分だぜぃ!!w


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008/01/27

美勇伝、解散

6月で解散だそうな。

なんか・・・・わからんです。な~んにも分からんです。

とりあえず今夜は詮索ヤメ。キリが無いし。
明日に備えて寝るのです。

ハァ・・・・・・


正直、若干堕ちてます・・・・・・


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/24

『糞DD』の憂鬱(?

少し前(っつっても先週末ですか)に行われた

すかいらーくグループリーグ ~ジョナサンステージ~

ガッタス、惜しくも準優勝だったそうです。

つっても決勝戦はPKまで持ち込んだ結果。
adi-UNIT5を0点に抑えたってのは、快挙と言っていいんでないかな?
昨年5月には、実際何もやらせてもらえなかった相手だからねぇ~。
(ま、あん時はこっちがベストメンバーじゃなかったし、ベリキューが・・・・・)

こんな面白い試合だったら、やっぱ観に行くべきだったな~。
すげ~後悔してます;;


さて、話はコロッと変わりまして・・・・・おいら、携帯の機種変更しました。何年使ってたのかも憶えてない位の旧型から、ワンセグ携帯へと一気に進化しましてww 

画像が綺麗ですねぇ~最近の携帯は。ビックリしましたよ。
で、ついでにパケット定額にしたもんだから調子に乗って、
ポケモーから画像落としまくりですよww

色々と、それこそ色々とダウンロードしましてですね、
で、じっくりと見てて・・・・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・


  やっぱ静止画なら小春だなと ww


もうほんとこの娘ったら、なんて写真写りがいいんでしょう!

待ちうけ? 当然小春ですよww 
ま、たまになっちとかさゆのカレンダー画像にもしてますけど^^


などと浮かれているうちに、今週末はハロコン@横アリ。
Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード '08~
ですね。

ワンダとエルダのイイとこ獲りって感じのステージなのでしょうが、
ワンダもエルダも、セットリスト知らないんです、おいら^^
ま、日曜参戦なんで前日にはチラッと見ようと思ってますが、ここまで来たら知らずに観るのも面白いかなぁ~とかも考えてますです。

が・・・・・・・

  ・

  ・

  ・

  グッズだけはしっかりチェックしてみましたw


いや、ライブ自体の方が大事なのは当然なんですけどね。

ほら・・・・

おいら、糞がつくほどの“DD”じゃないですか。

グッズ、どんだけ買うことになるんだろな、と^^
ま、買わなきゃいいんですよ。んなこたぁ分かってるんですけどね・・・

買わないわけ無いんですよ。絶対またバカみたいに買うんですよ。

去年の夏みたいに、昼公演で友理奈にヤラれて夜公演前に2L写真買っちゃったとかね、そんなん普通にやっちゃうんですよ。しかも今回は昼のみ参戦。夜公演中の売り場が空いてる時間に買おうて魂胆。
油断したら交通費の数倍使いそうなんですよww
しかもスッペシャル会員はカード使えるし・・・・・

ま、往復新幹線なんで大きなもの、重いものはスルー。
基本、写真中心になりそうなんですが・・・・・て、ソロ写真無いのね。
7人中3人しか写真要らなくても、7人セットで買うのね。
(ってどのユニットだ、おぃ!)


少し大きめのデイバッグで横浜向いますww


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/19

「16歳の恋なんて」

安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)の『16歳の恋なんて』

今週水曜日に発売されましたね。まだCD買ってませんけどww
ま、近日中に購入予定。曲はかなり聴いております。

作曲はKAN。 そう,「愛は勝つ」のKAN。

「アイドルの曲を作ってくれ」と言われて、
思いっきり「アイドル・ポップス」を意識して作ったそうですな。
KANなりの「アイドル論」を元に作られた模様。

何処と無く織田哲郎風味が漂うキャッチーでポップな前サビから始まり、
とてもシンガーソングライターが作ったとは思えない、歌い手のブレス位置など無視した8分音符連打のAメロww
(曲先発注でデュエット前提に作ったんだけど、作り手の意に反して結果的に1人で8小節歌う事になったのだろうと思われ)

そして、何気にPPPHにしっかり対応してるBメロ
 

アイドルポップスの王道的楽曲でありながらも、
“狙った感”を感じさせないほどの纏まりとメロ進行は、さすがKAN。
ストリングスとブラスの具合も正に王道。アレンジャーも good job ☆


と、音楽的な見地はこれくらいにしてと・・・

これ、企画の勝利っす。
ここからは憶測になりますが、 企画的には先ず、安倍なつみありきで進められたプロジェクトだろうなと。

昨年は鍵盤とギターとパーカッションのみを引き連れてアコースティックライブツアーを敢行したり、この春には宮本亜門演出のミュージカル「トゥーランドット」に出演が決定したりと、
ここ数年「脱・アイドル」の傾向が強まっている安倍なつみ。

一方で、「アイドルなっち」復活希望論もヲタの間では少なくない訳で。

かと言って後戻りは戦略的に難しい・・・・・

そこで・・・・・

新ユニット誕生。この形なら何でも許されるのがハロの通例ww
驚かせては消えていくのがハロ企画ユニットの宿命。

今年はモーニング娘。メジャーデビュー10周年。
て事は、なっちもデビュー10周年。
ここで10歳年下の舞美を持ってきたわけですな。

では、他にも16歳のハロメンは何人か居るのに、なぜ舞美なのか? 
それは多分、声質と身長。

「アイドルなっち」の復権を意識した企画とは言え、 なっち本人の歌は既に世間の思う「アイドル」の域を超えている。 そこで、若干舌足らずで粘度のある舞美の「アイドル声」が求められたのだろなと。

そして身長。もっと踏み込めば体型そのもの。
「凸凹コンビ」が視覚的にオイシイのは、何も漫才師だけに限った事では無い。
しかも舞美のスタイルの良さは、芸能界全体で見てもトップクラス。

この曲のPV、基本的にバストアップ中心のカメラワークなのに、
前サビ後、Aメロ直前で舞美をヒップラインから上半身にパンしてる辺りは、
この辺を知ってもらいたいカットなのだろうなと。

あ、なっちも決してスタイル悪いわけじゃないのよ。 写真集全部持ってて、至近距離で3回握手してるおいらが言うんだから間違いない ww
彼女はいわゆる「トランジスタ・グラマー」の部類。

この2人を並べる事で(なっちには失礼ですが・・・・・)

『今時の若い子にチョイカミしてるオバチャン予備軍』

という雰囲気が出てくるんですなww

「私は恋に生きるの」と16歳が歌い、
「私には後が無い」と26歳が歌う。

この16歳と26歳と言う年齢も、実に微妙というか絶妙と言うか^^
どちらも別の意味で恋愛が“リアル”に感じ始める年齢ですもんww


で、最終的には二人揃って
「10年後も20年後も可愛がってくれる人、そろそろ現れろ」
と歌っております。
何気にここ(後サビ)で事務所の先輩の名曲が歌詞にチラっと使われております。

どこを切ってもアップフロントww


10歳差の2人がそれぞれの恋愛観を歌いながら、
お互いの恋愛観を「誠実さが無い」と責めたり「おままごと」とあざけ笑ったり、
実に新鮮な1曲に仕上がっております。

凄いなぁ~。
初聴でインパクトあって、繰り返し聴いても飽きない。
素晴らしい1曲だと思います♪


って・・・・


まだCD買ってないクセに、よくこれだけ書けたもんだww


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/18

超複雑・・・・・

昨夜、「今うさピー」聴いてまして。

放送後半、ってか終了間際の3曲目。
なんと・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・


  ロボキッス!!


一瞬うろたえましたw  何が起こったのかわからなかった^^;
おいら知らなかったんですが、
ワンダ・コンで、さゆとりしゃこが歌ってるらしいですね。

何故でしょ?何故今、Wなんでしょ?

いや、嬉しいですよ。嬉しいんですけどね・・・・・・
正直、複雑な気持ち。


残念な終焉だったユニットだから、
あの2人がそろって戻ってこないなら、
そっとしておいて欲しいと言うか何と言うか。

その一方で、
楽曲だけでも大事にされてる現状も少し嬉しかったりもして・・・・


すげ~複雑な心境でした。色々考えちゃいました。
ま、1時には寝ましたけどww


どうやっても、復帰は無いのかなぁ~・・・・・・

未だにどこかで期待してる自分が居ます。


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/16

「21世紀」

名古屋エルダ&ワンダ、終わっちゃいましたね。
どちらも行ってません。ってか・・・・

他の方のblog読んでて、「あ~、今日だったんだぁ~」みたいなww

行かないって決めたら日程なんて頭の中から消えちゃいます^^
ま、横アリで楽しんできますから。

と・・・「16歳の恋なんて」もまだ買ってません。
だって、この値段じゃAmazonだと送料発生するし・・・・
週末にでも現物探してきます。


さて、そんな残念なヤツですので新鮮なネタがないww
て事で、今更ながらのネタでmm


本当に今更なんですが、昨年某サイトで行われていた(ってか毎年やってますが)
「ハロプロ楽曲大賞」みたいなので、「笑顔YESヌード」が第1位だったそうですね。
おいらは投票してませんが、ま、実際投票するなら(してたなら)おいらもこの曲です。
納得の1位。どれくらい好きかって~と、未だに週3回は聴いてます。ALBUM MIXの方ですけど。

そして現時点、娘。全楽曲中で3番目に好きな曲です。

千奈美にベスト3は

①恋愛レボリューション21
②21世紀
③笑顔YESヌード

恋レボの1位は、多分娘。がこの世から無くなるまで変わらないです。
色んな思いが交錯しての第1位ですので。
3位は純粋に楽曲としての嗜好なので、今後変わる可能性大。

そして今日の記事タイトル、2位の「21世紀」
これ・・・・・・恋レボと僅差なんですよ。凄げぇ好きな曲なんです。

娘。楽曲でゴスペル調といえば「I WISH」がよく挙げられますが、
この「21世紀」もかなりゴスペル色が強い楽曲です。

コーラスも無く、パート割りさえ無く、
ただただ8人がユニゾンで最後まで歌い通すのです。
この声の厚み、素直なメロ進行、そして歌詞の力。

マジな話し、口ずさんでると涙が出てくるんです。
サビに入った途端、ウルウル来るんです。
はい、異常体質ですねww

最後の方でメンバーそれぞれが「私の夢」をセリフで語ってるのも、今聴くと感慨深いものがあります。別に「あぁ、こんな事思ってたのに今は・・・」とかそんなんじゃなくて、
純粋に当時の彼女たちの賢明さみたいなものがヒシヒシと伝わってくるんです。

そして、この曲が「LOVEマシーン」のc/wだというのも、「何か」を考えさせてくれるのですよ。あの曲が「現象」とまで呼ばれる存在になる事など誰も知らない時点で、
この曲がc/wに選ばれた奇跡。
「あの時点」で、娘。が、そしてつんく♂が放ちたかったメッセージって、
実はこっちなんじゃないのかな?とかね。

21世紀を迎える直前の思いが表面的な歌詞の柱になってますから、今後ライブで歌われることも無いでしょう。そういう意味でも「隠れた名曲」なのかもしれません。


長いこと聴いてない方がいらっしゃいましたら、
是非また聴いてみてください。


おいらの中では、恋レボが不動の1位であると同様、
こいつも不動の2位です。


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/11

エグゼ・パス

ハロー!プロジェクト・ファンクラブ
スペシャル会員限定 エグゼクティブパス

前にも書いたように沢山の方々から色んなご意見を頂戴しまして、
熟考に熟考を重ね・・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・


先ほど、さも当り前のように申し込みました ww


「お気に入りアーティスト」は以前書いたとおり、
第1希望:藤本美貴
第2希望:亀井絵里(モーニング娘。)
第3希望:安倍なつみ

偶然にもと言うか、必然と言うべきか、 3人ともがモーニング娘。の新旧メンバーですな。 ベリも℃-uteも好きだけど、やっぱモーニング娘。なんですよ、おいらは。


さてこれで、めでたく当選の暁には、

毎月、美貴の限定写真が届くです。
おいらの誕生日に、美貴の声入りバースデーカードが届くです。
来年度どこかで美貴に会えるです。
握手出来るです。
2ショット写真撮れるです。

そして・・・・


FC年会費6000円とは別に、6万3千円引き落とされるです・・・

宝くじも何も当らなくていい。
今年のくじ運、全部使っちゃっていい。
特別シート以外のFC先行は全公演2階席最後列でもいい。


頼むっ 当選してくれぃっ!!


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/09

コマでミュージカルですってっ?!

8月、なんとなんと娘。ミュージカルだそうな。
しかも・・・・・今回も宝塚コラボ!!
そして、新宿コマ!!!

☆参照資料はこちら☆
センチュリーランドさん。topic newsより転載※


このニュースだけで夏までハイテンションで生きていけるww
メチャクチャ楽しみなんですけどぉ~~~っ♪

何やるんだろ? 
一昨年の「リボンの騎士」が評判高かったからね。かなり期待大。
おいら的にはリボンの騎士の再演でも良いんですけど。
ってか、それ希望^^


なんか・・・・・・

  ・

  ・

  ・


春コンより期待してたりするww


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/07

矢口っつぁん三昧

久々更新。
元旦早々から3日連続で長文書いたんで脱力してました^^;
っつか、この時期はネタ不足。
ハロコン行ってないし、リリース無いし・・・ま、ライブDVDやら録画した岡女やら見たり去年のヤンタン聴いたりして、結局ハローな正月を送ってるんですけどww

そんな中・・・
何気にテレビ見てると やたら出てきますね、矢口っつぁん。
嬉しい事です。特に「元・娘。」とか「ハロプロ」とか、そういう肩書き抜きでもキチンと「バラエティー・タレント」として機能してます。

ま、本音を言えば歌って欲しいんですが。
ハロ内で考えてもソロ枠一杯一杯って感じだし、難しいかな~。
ユニットでいいから何かリリースして欲しいなぁ~。


話はチト逸れますが(後でつながります^^)
先日、とある女性と遊びに行きまして。ま、面識は何年も前からあるんだけど、改めて「デート」て感じで二人で遊びに行くのは初めてで。
そこで彼女に聞かれたんですよ。
凄く興味津々かつ重要な問題であるかのように


「SO-RYさんて、モーニング娘。の何処が一番好きなんですか?」とww


難しい事聞きますねぇ~。前記事に書いたように愛すべき要素が沢山ありすぎて、この質問が一番悩む。よっぽど「blog見とけやっ!」って言おうと思ったんですが^^

彼女、おいらのステージを何度も観てくれてるんです。普段バンドで歌ったりダンスイベントで踊ったりしてる姿を見てるので、それとモーヲタってのが結びつかないようで、凄く不思議らしいです。

「結局のところ、行き着くとこは曲だと思うよ。でも、ハローにゃつんく♂が曲作ってるユニットやソロが他にも居る訳で、その中で特にモーニングって理由は・・・・・・」
と正月3部作に書いたような事を完結に話しておきました。
どれくらい伝わったかは微妙ですがww


そう。やっぱりね、おいらがハロプロで一番楽しんでる部分って、やっぱ楽曲なんですよ。自分で音楽やってる分、音楽に対する嗜好はかなりハッキリしてますし。 たまに人の車に乗せてもらった時、気に入らない曲が流れてると本当に体調悪くなるんです。吐きそうになります。
曲そのものが好きでなきゃ、どんなにルックス等が優れてても無理。

だからね、
ハローのメンバーには歌って欲しいんです。
どんな立場になろうと、歌はリリースし続けて欲しいんです。

カジュアル・ディナーショーやイベント、ハロのライブ等で歌うことはあるわけだから、そりゃそれで良いって気もしますが、
やはり矢口真里にも「歌手」であって欲しいんです。
世間にも「歌手」として認識して欲しいんです。


娘。デビュー10周年て事で引っ張り出される機会もあるかと思いますが、
新たな形での「歌手・矢口真里」にも会いたいなぁ~って。
テレビで見る機会が増えれば増えるほど、そう考えてしまうのですよ。


「タンポポ・2008」とか、無理かなぁ~・・・・・

  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

続々・「だからモーニング娘。を愛してるのさ」

   ~ 3日連載。今日で終わります・・・・ ~


第5章  底知れぬ吸引力


「売れてるのか?売れてないのか?」
「ヒット曲は必要か?」
「いわゆる“イッパン”を振り向かせる事は可能なのか?」
「そもそもモーニング娘。とは、何ぞや?」

4章までは、これらについて書きました。

なんでわざわざこんな所から書き始めたかって~と・・・・・・・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

  「んなモン関係ねぇから、黙って純粋に惚れとけやっ!」

って事なんですww


ど~も最近、売れてない事に対する不満や、現状に対する憤りみたいな意見を多く見かけるなぁ~と。ファンやヲタであると自認しているからこそ、モーニング娘。が大好きだからこそ、そういった不満も出てくるんでしょうけどね。ま、その気持ちも解るんですけどね・・・・・・


お前ら、今までどんだけ楽しませてもらってんだ、と。
どんだけ感動もらったんだと。
数字が上がんないくらいでガタガタすんなと。
彼女達がどんだけ頑張ってるのか解らんのかと。
一度信じて愛したのなら、最後まで愛しぬけと。


おいらはモーニング娘。の

曲が好き。
ダンスが好き。
ライブ・パフォーマンスが好き。
各メンバーのキャラクターやルックスが好き。
変化を続ける形態が好き。

そして

成長を見守るのが楽しい。
ライブに行くのが楽しい。
グッズ何買うか悩むのが楽しい。
ツアー・グッズごときに数万使う自分のバカさ加減が楽しい。
娘。コンの為にわざわざ泊まりで遠征行ってる自分のバカさ加減が楽しい。

そして、

テレビで見るだけでワクワクする。
ライブの数週間前からワクワクする。
CD買って封開ける瞬間ワクワクする。
ソロ写真集発売発表にワクワクする。
コンビニでBLTの表紙見てワクワクする
トレーディング・ピンナップ開けるときにワクワクする。
シングルVにdance shot ver.入ってるとワクワクする


ここまで楽しませてもらったら、何も文句ねぇだろ!、と ww


好きなアーティストは和洋共に沢山いるけど、
ここまで楽しませてくれる存在はモーニング娘。しか居ないのよね。

曲を作ってると つんく♂の凄さも解ります。詞の世界観も凄いです。ハローのカバー・ユニット始めて、娘。のダンスの凄さも改めて感じました。おいら、ミュージシャンとしてもダンサーとしても、モーニング娘。から多大な影響受けてます。


本当に、あらゆる面で楽しませてくれるんです、モーニング娘。は。

今の「売れ具合」だからこそ出来てる仕事もあるでしょう。イベントとかカジュアル・ディナーショーとか、バカ売れしたら無くなっったり回数減ったりするかもよ。
バカ売れしたら 「“俺達の”感」は薄れちゃうかもよ。
(ま、そんなもんおいらには要らんけど)
バカ売れしたら、FC枠減っちゃうかもよ。

現状でも充分楽しめるっしょ。現状を楽しんでしまえば良いっしょ。
売れていようが売れていまいが、ファンはファンだし、ヲタはヲタでしょ。
胸を張って「ファンです」「ヲタです」と言ってる連中が心底楽しまなくて、
誰が楽しめるって言うんですか。


おいらは何があろうと、

無条件でモーニング娘。を愛し続けます。


  ~あとがき~

長くこのblogを読んで下さってる皆様には、「またかよ!」って内容も多かったでしょう。過去の数記事を纏めた感じになってしまいました。長文に付き合った割には、相変わらずでごめんなさい^^;

でも・・・・

忘れた頃にまた、同じような事書きますよ、きっとww


  今年も楽しんでいきまっしょぃ♪

  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/01

続・「だからモーニング娘。を愛してるのさ」

   ~前記事の続きです~


  第3章  「今のモームスって・・・」


モーヲタであることを周りの人間に対してカミングアウトしてるおいら。
初対面の人でも、会話が趣味などに及べばその場で話します。
ま、面白がられる事も引かれる事もありますがww

そこで相手から一番多く聞こえてくる言葉は

「最近のモームスって、(誰が居るのか)分らない」

です。

これ、ヲタ的には凹んだりしますが、冷静に考えれば当然の結果ですよね。毎年のようにメンバーが入れ替わる中、その全てを把握できるのは余程のファンだけでしょう。

“最近のモームス”は分らない。
て事は、
今もモームスが存在してる事は知ってる人が多いって事ですよね。
でも見る機会も少ないし、曲もそれほど流れてこない。
だから「“今”を知らない」って話しになるわけです。


それでは逆に、
その人達は 「あの頃のモームス」を全員知っているのでしょうか?

’99後半~’02年前半辺りまでの、いわゆる「黄金期」を過ごした初期~5期。もっと限定すれば「ラブマ」の8人全員を把握しているでしょうか?
思い出せない、という人も居るでしょう。
が・・・当時だって8人全員の名前を知らない人は沢山居たはずです。

4~5人のグループですら、全員の名前を多くの国民に知られているのは超有名グループだけでしょう。かなり人気があるバンドでも、メンバー全員の名前を知ってるのはファンだけなんじゃないかな?

それを考えれば、「モームス分らない」は当然。
モーニング娘。のメンバー数は尋常じゃないんです。
初期から8期までで25人。そしてこれは過去にも書きましたが、その25人で10年間に24パターンもの編成が成されているのです。

参照過去記事「今の娘。は“第○期”?」

これで「全員の名前を覚えろ」って方が、無理っしょ ww

それよりも、多くの人が
「今もモーニング娘。は存在する」ことを認知してる事が重要。
何だかんだ言って、みんなモームス知ってるんです。

  第4章  “前例”が存在しない不幸


認知度に関しては高いレベルにあるモーニング娘。ですが、
ここ数年、「凋落傾向」が方々で囁かれます。
興味の無い人やアンチならともかく、なぜ「ファン」や「ヲタ」であることを自認している人間までもがアンチ的に批判したりするのでしょう。

「もう終わりだ」
「辞めちゃえよ」

こんな言葉がヲタ中心で動いていると思われる板にも飛び交います。そしてファン、ヲタ以外の人々からは「分らない」の一言で片付けられます。
ま、いろんな人が存在しますしね。好きな人を叩いて喜ぶ人もいますから一概には言えないんですけど・・・・・・・

多くの人が「モーニング娘。に対する接し方」や「モーニング娘。って何なんだろ?」って部分に戸惑いがあるんじゃないでしょうか?


いわゆる「アイドル」のファンと言うのは、その個人を追いかけます。
それがグループで、グループ自体を応援しているとしても「推し」の存在を確保し、そのメンバーを核に応援しているファンが多いと思われます。

もしモーニング娘。をそんな視点で見つめ、応援していたら・・・・・
続かないですよねww
この考えでいけば、4期までのメンバーの“推し”は、全て娘。から離れた事になります。いわゆる「絶頂期」を知るファンは、今は誰も居ないとww
でも・・・そんなこと無いですもんね。おいらみたいに2002年からず~っとライブに通ってる人間もいるし、当然、結成当初から追い続けてるファンも沢山いるでしょう。

が、一方で、「今の娘。には興味が無い」という“元モーヲタ”の人も沢山存在します。メンバー当時の「推し」そのまま、卒業生に流れる人もいれば、モーニング娘。のあり方そのものに疑問を感じ離れていく人もいます。


ファンやヲタでさえ、そうなんですよ。
10年も続けば離れていく人が居て当然。
ましてや、大してファンでもなく大ヒット曲数曲を知っているだけの人が、10年間に24パターンもの変貌を遂げるグループを深く認知し続ける事なんて無理なんです。

そして・・・・・こんな「アイドル・グループ」は過去に存在しなかったのです。
この 「変化を続けるアイドルグループ」 に対して、どう接していけば良いのか、どう受け止めたら良いのか、その”免疫”が誰にも無いんですね。

「個」を追いかけるのが基本の「アイドル」なのに、「個」が目まぐるしく入れ替わる。そんなグループを「アイドル・カテゴリー」のグループに対する視点で追いかける事には無理があるんです。

つまり・・・・

モーニング娘。を「アイドル」として捕らえなきゃいい。
モーニング娘。は・・・・・・・・


「ハロープロジェクト」という新カテゴリーのユニットなんですよ。


音楽性や活動の方向性が変わることでファンが離れていく現象は、長く活動しているアーティストにはよくある事です。そして、新しい音や方向性に反応した新しいファンと、そのアーティストの存在そのものに惚れた以前からのファンが一緒になって、新たな活動を支持していくのです。

それと一緒。

モーニング娘。そのものに対する存在感や音楽性。そこに魅かれた者だけが残るのは当然。 もちろん、バンドのメンバーチェンジや音楽性の変化に対する「お!今度のギターも上手いじゃん」とか「へぇ~、新しい音も中々いいんじゃね?」と同感覚で 「お!今度の新メン、可愛いんじゃね?」もあるでしょうw

そこに新しいファンが加われば、ユニットとして充分存在していける。だからこそ10年続いた今も尚、年間60近いライブツアーを敢行出来るんです。

2期が加わり明日香が卒業し、それでも活動を続け3期が入った時点で、
存在自体が過去に無い新しさだったのです。
そして、10年経った今も常に新しい。

それがモーニング娘。なんです。


ちょっと言葉使い悪くなりますけどね・・・・・

「モー娘。、もう駄目じゃん」って言ってる人たち。
特に、一応現体制のファン装いながらも叩いてる連中・・・・・・


  駄目なのは娘。じゃなくて、おまえじゃねぇの?


何処見てんだろ?何感じてんだろ?って話しですよ。


  ~~~~まだまだ続くみたい・・・・6章くらいで纏めます(予)~~~~


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春企画 「だからモーニング娘。を愛してるのさ」

あけまして おめでとうございます。
推しも視点も定まらないヘッポコblogですが、
本年もどうそ、ヨロシクお願いします♪


紅白、見ました?
何が起こったのか解らない数分間でしたww
ま、ハッキリ言って出ただけ。おいら的には、ここ数年で最低の演出。何がしたかったのか解りませんでした。「とりあえず3組とエッグをステージに上げた」って所でしょうか。衣装の統一感が出すぎ。あれじゃ誰が娘。なのかベリなのか℃-uteなのか分らないでそ。
3組共にとって、中途半端で可哀想なステージと感じました。


さてさて、
今年はモーニング娘。メジャーデビュー10周年。
昨年の「誕生10年記念隊」の存在によって、この辺があやふやになりかけてますが、あくまでメジャーデビュー10周年は今年1月28日。

と言うことで、ここらでモーニング娘。の現状を改めて考え、これからの10年、20年を共に歩いていく為の礎にしようかな、と。
ま、まだ頭の中で文章として纏まってる訳では無いので^^;
書きながら色々考えていこうカナ☆と。
長文になったら、適当に切って「続編」設けますww


  第1章  “売れて”いるのか、“売れて”ないのか


おいらにとっては大した意味の無い事なのですが、やはり「イッパン」の皆様がアーティストを判断する基準として、「売れてる」「売れてない」は大事なポイントのようですので、先ずは切り口をこの辺に。

CD売り上げ等の数値から見れば決して「売れてる」とは言えない現状。
ただ・・・・・この「CD売り上げ数」って~のが、実は厄介者。
業界も消費者も、この「数字」に惑わされすぎだと思います。

もう平成も20年だと言うのに、未だに昭和40~50年代の「レコードが売れた時代」と同じ尺度でこの「CD売り上げ数」を考えてる人が多いんですね。

売れてないんですよ、CDそのものが。
百万枚越えとか数十万枚の売り上げなんてのは、ほんの一握りのアーティストの曲が年に何枚か出せるだけ。しかも・・・その数字だってしっかりした根拠は無いんです。全ての販売店のPOSからデータ取ってる訳じゃないんですから。そこには「推定」「憶測」「大人の世界の力関係」も作用します。

ヲタがこんな事言うのも何なんですけど・・・・・
「歩いてる」のオリコン1位に違和感を覚えた人、多いでしょ?
周りの人で「歩いてる」を知ってる人、カラオケで歌える人、何人います?
それが「オリコンチャート1位」の現実です。
ある程度の策を施せば、力ずくで獲れるのがチャートです。

1万枚売れればレコード会社はホッと一息ってのが現状。5万売れればヒット。10万枚でも大ヒットといえるのが現在のCD販売数の実態。

ここからはインディーズの話ですが・・・・
昨年、おいらの友人がインディーズ・デビューしました。ま、今までも何人かの友人や知ってるバンドがインディーズ販路でデビューしてますが、今回の彼らは半分メジャー。一応、芸能事務所に所属してます。おいらに言わせれば、この時点で「インディーズじゃねぇじゃん」とも思うのですがww

で、彼が「CD予約してくれ」て言う訳です。
しかも・・・・・「10枚単位で頼む」って (爆

彼いわく 「1000枚の予約を取れれば、インディーズ・チャートに入れる」
って事らしいんですわ。
たった1000枚ですよ。インディーズとは言え、初動1000枚確定時点でオリコンチャート入れるんです。大手に所属しながら「インディーズからメジャーの方がイメージ良いから」て事で、インディーズ・チャートをメジャー・デビュー戦略に利用する事務所やレコード会社もありますが、納得です。大手が本気で頑張れば、1000枚なら売れますもん。


それに・・・
配信やレンタルの浸透、そしてさまざまな販路の確立により、「曲としての全ての販売数」が把握できなくなってきているのが現状。
「初登場第○位」が重要視される風潮に乗って、発売1週間以内の売り上げを集中的に伸ばす為の策を各社が懸命に仕掛けている現実。

これらを考えると
「○万枚売れたから売れてる」とか「○万枚以下だから売れてない」て線引きはね、大した意味が無いんですよ。テレビの歌番組の常連みたいなアーティストでも、シングル5万枚売れてない人が意外と多いんです。

こう考えると、モーニング娘。は
「そこそこ売れてる」と判断してもいいんじゃないでしょうか?

  第2章   「再ブレイク」は在り得るのか? 必要なのか?


とは言うものの・・・・

応援してる大好きなアーティストが多くの人に認められ
名実ともに「スター」になることを望む人も多いでしょう。

では今後、モーニング娘。が「LOVEマシーン」級の大ヒットを飛ばすことがあるのかどうか?100万枚越え連発とか、連日連夜テレビに出ずっぱりなんて事が、再び起こる事があるのか?・・・


んなん、分りませんよww

狙って可能なものなら、狙う人は多いでしょう。
でもね、「ブレイク」なんてのは“タイミング”と“運”なんです。
良い物が必ず売れるわけでもなく、ショボい物が必ず淘汰される訳でもなく、何らかの「きっかけ」が大ヒットを生むのです。これは歌手だけじゃありません。芸能に限った事でもありません。

「ラブマ」のヒットは、あの曲と当時のモーニング娘を、21世紀直前の日本が待ち望んでいて受け入れたという事。
世相だけでなく、他のアーティストの売れ具合との兼ね合い等も含め
「モーニング娘。が求められていた」時代だった訳です。
次にその「求められるタイミング」がいつ来るのか、
そんなのは誰にも分りません。


では少し視点を変えて・・・・・

「再ブレイク」は必要でしょうか?
誰もが認める「売れてるアーティスト」になることは必須なのでしょうか?

ライブを主戦場とし年間50本以上のライブをこなしてるアーティストが、日本にどれだけ存在するか? 結構います。CDが売れてなくても、テレビにあまり出なくても、ライブにこそ存在価値を見出せるアーティストは沢山います。

モーニング娘。の、そしてハロプロのポジションって、
実はここなんですよ。

「アイドル」というカテゴリーに分類されるが為に、紙媒体やテレビへの露出が人気の尺度として使われてしまうだけのこと。モーニング娘。の活動拠点はライブなのです。

複数公演観る客が多いから実動客数は少ないとか、
グッズ販売の旅回りだとか言われようと、
2000人規模の会場で年間60前後のソロツアーを行えるって時点で、
立派な「ライブ・アーティスト」なのです。

おいら的に”ブレイク“とか“大ヒット”ってのは、
拒みもしないし強く望みもしない現象です。


年3~4枚のシングルと年1枚のアルバム発売。そして年間数十公演のライブ活動を行えるだけの「経済的体力」が維持できれば、
「モーニング娘。の“売れ具合”」に文句はありません。


~~~ 長くなりました。やっぱり続編設けます ww ~~~


  FC2 ハロプロblogランキングはこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »