« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/29

なっち最新写真集

仕事から帰宅すると、見慣れた青い封筒。

「あれ?何か買ったっけ?」と開封すると・・・・・・
12月ガッタス・コンのチケ代金振込用紙。

申し込んだ事すら忘れてたww

はい。一般席3枚当選。同行者とか、なーんも考えてません。
ヲ友達のみんな~、よかったら声かけてねー♪


さて、本日の本題。
安倍なつみ写真集 「End of Summer」
これも本日届きました。


いいねぇ~♪ すごくいいねぇ~☆☆☆


なんだろね、この空気。なっちの空気。
可愛くて仕方ないな。

グラビアを主戦場とする人たちと比べたらさ、
全体的に丸いし、お腹とかプニだし、スタイル抜群ではないかもだけど、
そこがリアルなんだって。ホントかわいい。

さすが、SO-RYが一番抱きたいハロメンだけある


27歳かー。
この手の写真集、あと5年は出して欲しいなー。
30過ぎても、どんどん可愛くなるんだろーなー。


今回の写真集。
SO-RY的評価、125点で。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/14

シンデレラtheミュージカル

※激しくネタバレあり。ご了承下さい。


モーニング娘。×タカラヅカ 「シンデレラ the ミュージカル」


8月12日、昼夜2公演観てきました。

暑い1日でしたが、2年前の反省を活かしてコマの近くに前日から宿泊してたんで、開場時間になってから出かけて、昼と夜の間はホテル戻って休憩。ラクしましたww
リボンの時は調布に泊まってたからなぁー。


座席は、
昼公演 4列若干下手寄り
夜公演 5列最上手

今回は花道使ってないんで、上手下手両サイドに思いっきり振られた客席だと、たとえ前列でも全く旨みがないです。舞台の奥行きを目一杯使ったステージングなので、夜公演は上手奥での演技はほぼ見切れてました。
昼公演は問題なく舞台全体を楽しめました。


では、諸々の感想を。

今回は、「ヲタ目線」と「演劇ファン目線」に分けてみます。
深い意味は無いけどね。書きたい事たくさんあるから、便宜上^^


んじゃ先ずはヲタ目線でww


☆新垣里沙の実力


これさ、「シンデレラ」だけど・・・・・・主役は王子っしょw

すごいよガキさん。めっちゃ感動した。マジで涙出そうになった。
何が?って、全部。 だってカッコいいじゃん!!
「リボンの騎士」のフランツ王子3人含めて、
過去の娘。ミュージカル全ての男役を超えてるよ。凄いよ。

正直言うと、キャスティング知ったときは「ん?」だった。
だからって誰に出来る?ってのも思い浮かばなかったけど、少なくともシンデレラの相手役の王子にガキさんは「ん?」だった。

それだけにね、感動が大きかった。
ヒールなんて15センチ以上あるよ、あれww
いや、そういう物理的な努力や苦労だけじゃなくて、所作の一つ一つがとても凛としてて、凄く研究してるな~って。
膝まづいた時の膝の角度とかさ、振り向く時のスピードとかさ、
上半身の安定感とかさ。

ま、研究材料も指導者も宝塚なので、良くも悪くも動きは古いですよ。そんな動き、宝塚か新派でしか見れませんって!って腕の動きとかね。
でも、おいらが想像してた「新垣里沙の王子」じゃなかった。


☆んじゃ、愛ちゃんは?

愛ちゃんには悪いけど、愛ちゃんは出来る子じゃんww
予想通りの出来栄えなのね。納得づくしなの。
「高橋愛がシンデレラを演じたらどうなるでしょ?」を裏切ってない。

いいんですよ。別に何も注文ないんです、歌も動きも。
ただ、リボンの時から目に見える成長があったか?というと・・・ね。
難しいね。出来る人が、それ以上を目指すってのは。

だからかな。
今回はガキさんが主役に見えたです、おいらにゃ。


☆光井愛佳の存在感

みっつぃ~がねぇ~・・・・・

ほとんどセリフないんですよー^^;
のクセに・・・・・

気になるんですよー ww

これね、おかしいんです。
何故って、ほとんど さゆと一緒に出て来るんだから。
おいら、6期推しですから。さゆ大好きですから(多分

でもね、みっつぃ~の方を見ちゃう。
演技がとても自然なんです。丁寧だし。
腕を伸ばす時とか指先まで神経使ってる感じ。好印象。


☆でも、さゆはね

舞踏会のシーンでは圧倒的に美しい。
やはり、お姫様の格好をさせたら完勝。
おいら的には・・・・・シンデレラより美しいと思うww


と、みっつぃ~&さゆで、宙乗りやってます!
最初の方なんで、気付いたら飛んでます。
色んな意味で、どこ目指してるんでしょ?ww


☆れいな&えり

出番はほとんど一緒なんで、まとめて語っときましょ。

キャスティングの勝利ですね。れいなの方がお姉さんってのも納得。
それぞれのキャラが充分活かされてます。

れいな、髪型かわいすぎ似合いすぎ。腹が立つww
えり、スカートに腹の肉が若干乗って・・・・・そこが好き (爆


おいら、このミュージカル全編通じてかなり好きな場面が2幕の最初の方。
舞踏会から戻った姉たちと継母に、舞踏会の事を訊ねるシンデレラ。
訊ねながらも、実は自分も出席してた舞踏会。
そんな舞踏会の様子を思い出しながら
シンデレラ、ジョイ、ポーシャ、継母の4人で歌うシーン。

ここは、絵里&れいなの歌手としての最大の見せ場。
愛華みれとミュージカルの同じシーンで歌えてる時点で合格。凄い。
この2人の歌の上手さは、モーニング娘。の中では伝わりにくいからさ。
気付かない人は置いて行けば良いよ。分かる人は分かってるから。

6期の時代・・・・・もうすぐだな^^


☆小春、そしてジュンリン


小春はねー、リボンと比べて観ると面白いよ。
セリフ減ってるけど、今回の方が難しかったんじゃないかな?

で、小春最大の、というかこのミュージカル最大の見せ場(?)が
小春のアドリブw
腹から笑える場面は、あそこだけだな。まぁ、喜劇じゃねぇしww
ガラスの靴を持ってシンデレラの家を訪ねる場面。
愛華みれ、れいな、絵里と、小春の絡み。注目ですよ♪

ジュンジュン&リンリンはねー、がんばってたよー

・・・・・・としか言えない。

12日夜公演後、トークショーがありまして。
ま、言うても20分くらいですけど・・・・・・

で、ジュンジュン出てたんす。
インタビュアーが「日本語でのセリフ、どうでしたか?」って聞いたら

「ひとつしかないですから!」ってw

またキレ気味なの、あの女ww
すげぇなー。しっかりキャラ理解してるもんなー。

「わたし、デカイですから男役ですねー」とか (笑
裏切らないなー、あの中国人。
リンリンも頑張ってたね。
うん、ごめん。やっぱそれしか言えない。


☆フィナーレ

ま、分りやすく言えば「ミニ・ライブの時間」です。
娘。は
「シンデレラ・コンプレックス」
「シャボン玉」
「ザ☆ピース」
「リゾナント ブルー」
の4曲。

CCはねー、これ、娘。の曲として出せばよかったのになーって。
ハイキングの他のメンバーには悪いけどさー。
この9人でやったらカッコよすぎだよ。圧巻だよ。
ガキさんの腰の振りとか尋常じゃないよ。王子のご乱心だよ (爆

「シャボン玉」はね、あの例の「れいなだけぇぇぇ~~~」がですね・・・・・
昼公演は誰も叫ばなかったです、はい。
何かね、雰囲気が許さないというか・・・・・

が、夜公演は頑張りました。俺を含めて (爆
6期推し・・・いや、れいな推しとしては、あそこはやっぱ言っとけと。

立つなとはアナウンスありますけど、極力静かに観ろとかは言われてないですよ。ポイント絞って、いつものライブの雰囲気作っても良いと思うです。ま、サイとかはやめた方がいいでしょけど。
手拍子とかは思いっきり行きましょう♪

「リゾナントブルー」は、Aメロを中心に振りが変わってました。
おいら、この曲の振りの肝はAメロだと思ってるけど、
あそこを変更しても、それはそれで雰囲気変わってカッコいいのね。
まだ半年も経ってない曲の振り付けをわざわざ変えてくるって、
本当に細かい気配り&サービス精神だなー。


☆タカラヅカのレビュー

で、娘。タイムのあとはタカラジェンヌの皆さんによるショーです。
正に、“ショー”です。
愛華さんも麻路さんもね、惚れますよ♪
カッコ良過ぎますよ、あれは。

と、約20人のラインダンスも壮観。
すご~く得した気分。S席9500円も納得。


  ~~~~~

んでは、ここからは「演劇大好きSO-RY視点」で


☆「リボン」とは別モノ

企画の流れから、どーしても2年前の「リボンの騎士」と比べてしまいがちですが、全くの別物だと思って見るのが正解かと。

リボンの騎士が、「モーニング娘。がミュージカルで“リボンの騎士”を上演するので、脚本と演出と客演でタカラヅカがお手伝いしました」って感じだったなら、
シンデレラは、「宝塚歌劇団がシンデレラを題材にファミリーミュージカルを制作することになり、メインキャストとしてモーニング娘。をキャスティングしました」
って感じ。

そりゃね、OG、現役合わせて24名のタカラジェンヌが出演してる訳ですから。
愛華みれ、麻路さき、光あけみ、箙かおる・・・すごいよねー。
箙さんと光さん、専科だもんねー、エリートだもんねー。

当然、娘。メンバーがステージ上に居ない時間もありますし、
「モーニング娘。を観る事」を目的にすると、意外と楽しめないかもしれません。


☆「新宿コマ」の意地

で、この「タカラヅカ比率の変化」については、
宝塚及びコマ劇の意向が強くあったのではないかと。
あ、勝手な詮索ですよ。想像、妄想です。

今年一杯で閉館の新宿コマ。来月の北島三郎公演がコマ制作ラスト公演。
10月からは箱貸し状態での興行のみ。
つまりこの「シンデレラtheミュージカル」は
新宿コマが制作に絡んだ最後のミュージカルなんですね。

そこで、新宿コマで出来る最高の演出を見せよう、と。
宝塚の流れを汲んだ劇場ですから、そこは宝塚全面協力で。
2年前以上に本息で。
それゆえの24名に及ぶヅカジェンヌ出演かと。

興行面だけを考えたら、2年前のように他のハロメンも使ってダブルキャスト、トリプルキャストで、より多くの複数回参戦ヲタを捕獲した方が確実だと思うんです。なっちやあやや、美勇伝ものんも、それなりに効果上げてたと思うんですよ、リボンでは。
が、今回はそんなこと以上に舞台を大事にしたのかな、と。
ミュージカルとしての完成度を上げたかったのでしょう。


だってさー、オケピ使ってんだもんww 今時、珍しいよ。
最近は生演奏のミュージカルでも、ステージセットの中にさりげなくバンド隠したりするのが多いのにね。
それに、「アイドル歌手のモーニング娘。をナマで見せること」を考えたら、オケピは邪魔なわけです。ステージが約2メートル離れる訳ですから。
にも拘らず、しっかりとオケピ使って本物のミュージカルに仕立てた訳です。

三重の回り舞台がそれぞれ昇降し、逆回転もし、尚且つセリも数箇所あるコマのステージ。それに合わせて奥行きの深さも活かした「新宿コマでなければ出来ない演出」が随所に見られました。
舞台装置やステージ転換を含めたステージング全体を見れば、オケピ使用にも肯けます。

最後の最後に、
「これが新宿コマのミュージカルです」を堪能できたことは幸せ。
それが娘。ミュージカルだった事を、モーヲタとして誇りに思います。

☆総括☆


いつも同じ言葉で申し訳ないですけど、
やっぱりモーニング娘。は凄い。素晴らしい。

理屈じゃないんだよ。
タカラヅカとコラボで、新宿コマで1ヶ月公演だよ。
パフォーマーとしての実力も、芸能界内のポジションも、
色んなこと考えてさ、やっぱモーニング娘。でなきゃ無理っしょ。

誰と、何と比べるのも無意味だね。
唯一無二の存在だよ、モーニング娘。は。

この「ミュージカルtheシンデレラ」が
秋ツアーにどう活かされるのか。それも楽しみっす♪

あー、おいらの夏休み終わっちゃったぁー。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »